長澤まさみは「なんでもできる人」 古沢良太氏とのスペシャル対談が公開

長澤まさみは「なんでもできる人」 古沢良太氏とのスペシャル対談が公開

 女優の長澤まさみが、自身が主演を務める『コンフィデンスマンJP プリンセス編』(23日公開)の脚本を手掛けている古沢良太氏と対談を行い、その様子が東宝の公式YouTubeチャンネル内の『コンフィデンスマンTV』にて、公開された。



【動画】長澤まさみ×古沢良太氏のスペシャル対談!



 映画『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズやドラマ『リーガル・ハイ』シリーズなどを手掛けたことで知られる古沢氏が脚本を担当している本作。2018年4月期に月9ドラマとして放送されると、昨年5月17日には映画版が公開。観客動員数200万人以上、興行収入は29.4億円のヒットを記録した。



 長澤について古沢氏は「なんでもできる人」と絶賛し「長澤さんの持っている魅力やスキルを全方向に出る役にしないといけないと思い、長澤さんにふさわしい役にしようと書き上げました」と長澤と演じるダー子をリンクさせていった。



 本作には、ダー子、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)と独特なキャラクターの名前が登場するが「ダー子は“ダダっ子”、ボクちゃんはすんなり決まった」と古沢氏。そして「五十嵐(小手伸也)をリチャードのポジションにして色っぽい2枚目にしたかったんです。でも、しっくりくる人がいなくて難航して。それで小手さんがいいのではないかとなったけど、小手さんはリチャードではないなと。それで小日向さんがリチャードになりました」と配役の裏話も披露した。



 今作でダー子たちがしかける“オサカナ”は、世界有数の大富豪一族・フウ家。当主のレイモンド・フウが亡くなり、その残された遺産10兆円を狙い、コンゲームが行われる。さらに、今作から白濱亜嵐、関水渚、古川雄大、柴田恭兵、北大路欣也らが加わり、江口洋介、広末涼子、三浦春馬、竹内結子ら前作までのキャスト陣も出演する。

カテゴリ