『コミケ』今年はリアル開催中止決定「苦渋の決断」 来年GW目指す

『コミケ』今年はリアル開催中止決定「苦渋の決断」 来年GW目指す

 今冬に東京ビッグサイトで開催予定だった世界最大規模の同人誌即売会『コミックマーケット99』が中止となることが12日、公式サイトで発表された。新型コロナウイルスの感染拡大の懸念や東京オリンピック・パラリンピック延期を受けた会場利用の影響から中止となり、2021年ゴールデンウイークの開催を目指す。なお、5月に開催予定だった『コミケ98』も中止となっていることから、今年は史上初となる『コミケ』が全く行われない事態となった。



【写真300枚超】『コミケ96』に参加した美女レイヤー



 理由は「コミックマーケットの使用する東京ビッグサイトにおいても、6月8日に『対応指針』が発表され、大きく制限された形でのホール毎の最大収容人数や、主催者の行うべき感染防止策等が定められました」とし、「2020年冬に予定されていたコミックマーケット99の開催日程は、東京ビッグサイト全館使用を前提として、3日間開催とされており、東展示棟の不足を埋めるべく、これを4日間開催に延長することは、年末の休日を考慮すると現実的ではありません」と経緯を説明。



 続けて「新型コロナウイルス感染症の流行状況等を考慮し、いかなる形であればコミックマーケットを開催することができるのか、開催形態の大幅な変更を含め、さまざまな検討を続けてまいりました。しかしながら、現状求められている新型コロナウイルス感染症対策を講じたとしても、問題やリスクが諸々生じる恐れもあり、参加者の皆さんに満足いただけない開催となってしまうことが懸念されます。つきましては、大変残念ではありますが、コミックマーケット99を2020年冬に開催することは困難である、という苦渋の決断に至りました」と新型コロナウイルスの感染拡大を懸念し決めたとしている。



 今冬は開催せず来年ゴールデンウイークの開催を目指し「なお、2020年冬につきましては、1975年12月のコミックマーケット誕生から45周年を迎えることを記念した企画なども加え、GWに行った『エアコミケ』を発展させていくことを検討しています。詳細等定まり次第、公式Webサイト等にてご案内いたします」と告知した。



 また、今年はコミケが行われないことについて「2020年の1年間、リアルな『場』としてのコミックマーケットを開催できないことは、我々準備会にとっても痛恨事に他なりません。しかしながら、コミックマーケットは、規模の大きさ故に社会的影響も考慮しつつ、継続を旨として慎重に事を進めていきたいと考えています。今後も開催継続に向け、最善を尽くして参りますので、参加者・関係者の皆さんには、重ねてのご理解・ご協力をいただければ幸いです」と理解を求めた。
カテゴリ