WEBアニメ アイカツオンパレード!第6話「花咲くステージ 後編」届いた想いと繋がっていく想い【感想コラム】

WEBアニメ アイカツオンパレード!第6話「花咲くステージ 後編」届いた想いと繋がっていく想い【感想コラム】

今回は2話連続!

『アイカツオンパレード!』WEBアニメ版の6話です。


実質の31話目ですね。


■決勝を前に

あいね「らきちゃんみーつけた」

みお「またドレスをみてたのね」


らき「こんな素敵なドレスを一度に見れちゃうなんて、ラッキーすぎます」


会場ではいつものようにドレスの展示をチェックしているらきちゃん。

ステージに登場するドレスも楽しみにします。


そんな中、控室では。



ドリアカの仲間たちから差し入れをもらうノエルちゃん。


そら「もっと緊張してるかと思ったのに、なんだかすっきりしてるね」

マリア「心配することなかったみたい」


ノエル「緊張はしてるんですけど、それ以上にるるる~って感じなんです。皆さんにはやく元気を届けたいなって」


そら「ノエルちゃんすごくたのもしい」

マリア「観客席で観てるからね」


■「In bloom」

そして始まる決勝戦。

本日も司会のエルザ様はノリノリ。


画像引用元:©BNP/BANDAI, DENTSU, TV TOKYO

各学校のトップ代表たちが、同じステージの上で競います。



ゆめ「絶対ひめ先輩の優勝だよ」

きらら「レイちゃんにきまってる~~!」


みお「カレンさんが伝説を創るわ」


いちごちゃんやセイラも見守る中、はじまります。


画像引用元:©BNP/BANDAI, DENTSU, TV TOKYO
あかり、ノエル、ひめ、レイ、カレンの5人が一斉にステージへ。


前主人公がいればルーキーがいて、先輩もいるという面白い5人組ですね。


 


曲は、稼働中の『アイカツオンパレード!』データカードダス「ドリームストーリー」2弾の新曲「In bloom」。

こちら、データカードダス版のMVも公開されています。





みんな属性が違うけどレイちゃんはかっこいいフリつけだし、ひめ先輩とカレンさんは強者の風格があるし・


あかりちゃんもかわいいしオーラ凄いし。

この中にノエルちゃんがいるのは凄いですね。


『アイカツ!』ユリカ様のPCクッションがおっきいぞ!【レビュー】





■トップに立ったのは


いちご「みんな、すっごく輝いていた」


盛り上がる会場と、ノエルちゃんの姿に涙を流しそうなセイラお姉ちゃん。



エルザ「投票の結果が出たわ」


それでも、勝つのは1人。

トップに立ったのはあかりちゃんでした。



あかり「素晴らしいメンバーと真剣勝負が出来て、心から幸せでした」


画像引用元:©BNP/BANDAI, DENTSU, TV TOKYO
「このステージはわたしにとって特別なステージでした。ずっと願っていたことを叶えることができたから。一生忘れません」


「本当に、どうもありがとうございました」



挨拶のあと、あかりちゃんはレイちゃんたちと握手をかわします。


レイ「おめでとう」

ひめ「すばらしかったわ」

カレン「ええ、とっても」


「アイカツ!シリーズあそーと」第4弾が出たぞ!らきちゃんもフィギュア化!!【レビュー】





■ノエルちゃんとあかりちゃん


ノエル「あかりちゃん」


ノエルちゃんは悔しさもあるけれど、涙をこらえて笑います。


ノエル「おめでとう」

あかり「ありがとう」


あかりちゃんも笑います。

きっと、ノエルちゃんの


・悔しさ

・でもあかりちゃんを祝福したいきもち


どちらも察したのでしょう。


その後のパーティでは、それぞれが仲間たちと交流します。

負けてしまったひめ先輩たちのステージも最高のもので、誰が勝ってもおかしくはないものだったはずです。


ひめ「わたしたち、ちっとも落ち込んでいないのよ」

レイ「この対戦で、いくつかの大事なことを学べたからね」


画像引用元:©BNP/BANDAI, DENTSU, TV TOKYO
 


カレン「私も、みなさんと共に高めあえてとても満足しています」


一方エルザ様はかえでちゃんと何かを楽しそうに話していました。


■美月→いちご→あかり→ノエル

いちご「お疲れ様あかりちゃん」


そして、いちごちゃんはあかりちゃんにおめでとうを言います。


いちご「覚えてる? あかりちゃんにクリスタルマイクを渡した時のこと」

あかり「忘れるわけありません。星宮先輩から受け取ったアイドルの夢。この胸でちゃんと育てましたから」


いちご「うんっ。そして、あかりちゃんが大切に育てたその夢は、新しいアイドルの手に渡ったんだよね」


その新しいアイドルのノエルちゃんは、セイラお姉ちゃんに抱かれていました。


いちご「ノエルちゃんのまっすぐな気持ちが伝わってきて、たくさんの元気をもらっちゃった」

あかり「私もだよ」


ノエル(みんなに元気を届けられてよかった)



ノエルちゃんの気持ちは届いていました。


 


そのあと、らきちゃんもノエルちゃんに会います。


嬉しいことがあっても、負けたのはやっぱり悔しい。

その気持ちは、代表に選ばれなかったらきちゃんも同じでした。


「もっとドレスの勉強がした~~い」

「はやくみんなに追いつきた~~い」


画像引用元:©BNP/BANDAI, DENTSU, TV TOKYO
甲板から叫ぶ二人。


らきちゃんはノエルちゃんと同じステージに立ちたいとも叫びます。


2人の新人アイドルの想いを、いちごちゃんたちみんなは見守るのでした。



というわけで、


・憧れは次の憧れとなり、アイドルのバトンが繋がっていく

・互いに高め合う存在


というアイカツシリーズらしい決着でした。


新たなスタートを切ったノエルちゃんとらきちゃん。今度はノエルちゃんとらきちゃんが、また新しいアイドルへと憧れを繋いでいくのでしょう。



ところで、次回予告がないんですけど??


データカードダスでは、ついにらきちゃんがわかばちゃんとフレンズを組むんですけど、アニメでは組まないんです??


8月に新シリーズの告知があるそうなのですが、さてどうなるんでしょう??


よかったけど、らきちゃんのフレンズ結成をみないと『アイカツオンパレード!』は終わり切れないぞっ。新シリーズもオールスターでやってくれるなら、いいんですけど。


『 アイカツフレンズ! 』を最終回まで観た感想と、プリチャンやスターズを絡めての想い【総括】





『 アイカツフレンズ! 』 第76話「みんなみんな フレンズ!」ついに最終回【感想コラム】





WEBアニメ アイカツオンパレード! の各話を振り返りチェック!


第1話「ノエルドリーム 前編」ノエルちゃんの物語スタート
第2話「ノエルドリーム 後編」ノエルちゃん、あかりちゃんのライバルへ
第3話「開幕!ドリームスクールグランプリ」ノエルちゃん、プレッシャーを感じる
第4話「開幕!ドリームスクールグランプリ 後編」5人のトップ代表揃う
第5話「花咲くステージ 前編」ノエルちゃん、プレッシャーを感じる
第6話「花咲くステージ 後編」届いた想いと繋がっていく想い

アイカツオンパレード! の各話を振り返りチェック!


第1話「あけちゃお! アイカツ!のトビラ」ゆめちゃん小春ちゃん登場で、ワクワクがとまんないっ
第2話「ワクワクインスピレーション」STARDOM!〜みお&ゆめver.〜が凄い
第3話「マーメイドはとつぜんに」あこちゃんと、8月のマリーナ
第4話「感じちゃお! アツい風」エマひなき、舞花珠璃
第5話「ラッキー☆ハロウィン」スミレちゃん「いばらの女王」のSAアピールを成功させる
第6話「キラめく四ツ星」らきちゃん、ファンの気持ちとステージの大切さを学ぶ
第7話「かがやく三つの太陽」ソレイユといちごちゃん、さらに新曲『アコガレカスタマイズ☆』
第8話「作っちゃお!ラッキードレス」らきちゃんと星座ドレス
第9話「乗っちゃお!ビッグウェーブ」エルザ様と美月さん登場
第10話「アイカツ!トップガン!」3神揃う!Take Me Higher~美月&エルザ&ひびきver.~
第11話「ちゃお☆ニューワールド!」セイラとローラ、ロックで共鳴
第12話「ハピラキ☆クリスマス」わかばちゃん、木を伐採する
第13話「らきとツバサのドレス」らきちゃん、想いをドレスに込める
アイカツオンパレード! 1~13話までの感想&まとめ【総括】
第14話「スマイル♪にゃんばーワン」ゆずっとリリィ、ハルカ ルカ、ニーナ
第15話「ぽわ☆フワ♪ドリーミン」きらあこ、アイドル楽隊サンメガミ
第16話「輝きのらき」らきちゃんのジュエリングドレス
第17話「ゴシック☆ウォーズ」ユリスミ、ユリカ様&リリエンヌ&アリシアさん
第18話「君のエントランス」リボンで繋ぐ想いと、瀬名あか
第19話「踊る♪バレンタインスイーツ」めでたい焼きからのチョコミントマカロン
第20話「輝け☆ご当地アイドル」ユウ、アリア、アリス、ののリサ、ことね、みやび
第21話「走れ!アイカツ!大運動フェス!」失敗した後に何をするかが大事
第22話「全員集合!オンパレード!」つながるバトン
第23話「スターズ!オンパレード!」ひめ先輩と美月さん
第24話「ともだち!オンパレード!」ひとりじゃない
第25話「光る未来へ」最終話、そしてWEBアニメへ
アイカツオンパレード! 1~25話の感想&まとめ!最高の物語【総括】

アイカツオンパレード! アニメ情報






(あにぶ編集部/星崎梓)
カテゴリ