返信に困ると音信不通に…男性を困らせるLINE4つ

返信に困ると音信不通に…男性を困らせるLINE4つ

恋する女性たちにとって「LINEの返信がこない」って、共通の悩みの種ですよね。


でも、それって男性側にだけ問題があるのでしょうか? もしかすると、知らず知らずのうちに、男性を困らせるLINEを送っているのかも?


今回は、男性が返信に困るLINEの内容についてご紹介します。



恋人っぽい雰囲気を強要


LINEを交換してしばらく経ち、なんとなく親し気なやり取りも増えてきた頃。


相手の男性も「もしかしたら、恋人同士になるのもアリかも」と思い始めているかもしれません。


しかし、そんなときにNGなのが「恋人っぽい雰囲気の強要」です。


たとえば、「もう! そこは○○って言ってよ!」と、彼氏のような反応を求めたり、「え~、そこは『○○』でしょー!」と、まるでラブラブカップルのようなセリフを欲しがったり……。


男性にしてみれば、「まだそんな関係じゃないんだけど……。」と戸惑い、逆に距離を置きたくなってしまうかもしれません。


深刻すぎる悩みを相談


悩みの相談をしたり・されたりは、相手を信頼しているというメッセージになりますし、頼られると男性も嬉しいでしょう。


でも、どの程度の悩みを相談するかは、いまの関係を考慮に入れて選ぶべきです。


あまりにも深刻な悩みをLINEで打ち明けらたら、「俺はちょっとそこまで踏み込んでアレコレ言えないよ」となってしまうかもしれません。


おまけに、長文で思い悩みの内をつづってしまうと、さらにプレッシャーがUPしてしまうことも……。


すべてを話さず、彼が応えやすい範囲で相談するのも、これから信頼を築いていくふたりにはピッタリでしょう。


動機や心理を語らせようとする


男性が困るLINEの内容とは?


彼の心の内を知りたくなるのも、恋をしていると生まれる衝動です。


でも「なんでそう思うの?」「どうして○○してくれないの?」といった、動機や心の底を無理やり掘り返そうとするのはNG。


もうあと一歩で付き合えそう、どちらが告白してもおかしくない、という恋人未満なら、逆に仲を深める質問になりますが、いまはもう一歩下がりましょう。


まだまだ今は、浅く、広く、自分や相手について伝え合えるLINEがおすすめです。


会話の頻度にムラがある


男性も、興味のある女性の「傾向」を把握したいと思っています。


たとえば、LINEの返信が早いのか、のんびりなのか。よく会話ができる時間帯や、反応してくれる話題はなにかなど。


それなのに、返信する早さにムラがあったり、夜中に突然会話が続く日があったりすると、男性は困惑してしまうでしょう。


そのうえ、返事をねだることもあるのに、何日も既読無視が平気で続くような日まであると……男性は、相手の女性について把握しようとするのをあきらめ、音信不通に近い状態になることも。


おわりに


自分にとっては「積極的なアタック」のつもりが、相手の男性には「場違いなプレッシャー」になっているかもしれません。


焦る必要はないので、じっくりゆっくり、安心して会話ができることを第一に。


自分のLINEや反応、言葉の選択が、相手の男性をどんな気持ちにさせるかをよく考えてLINEを楽しみましょう。


(橘 遥祐/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ