『M』主演・安斉かれん、サックス生演奏を披露 学生時代のモテエピソードも告白

『M』主演・安斉かれん、サックス生演奏を披露 学生時代のモテエピソードも告白

 ドラマ『M 愛すべき人がいて』で主演を務めた歌手の安斉かれんが、17日放送のフジテレビ系バラエティー番組『ダウンタウンなう』(毎週金曜 後9:55)の人気企画「本音でハシゴ酒」に出演。ダウンタウン、坂上忍、飲み仲間の山崎夕貴アナとぶっちゃけトークを繰り広げる。



【写真】スラリとした美脚を披露する安斉かれん



 まずは、ドラマで共演した田中みな実からの証言で、安斉の生態が明らかに。田中がダウンタウンへ送った“あるメッセージ”に一同はざわつき、坂上が「あそこまでウソがつけるようになったんですね」と漏らす。現在20歳の安斉は、小学4年生くらいから髪を金髪にしたり、カラコンやつけまつげを付けたりし、休日にはばっちりメイクをするギャルだったと打ち明ける。



 坂上が「お父さんには何も言われなかった?」と向けると、安斉は父親には言い訳をしてごまかしていたと告白。しかし、あることが理由で中学生のときには黒髪に戻ったと語り、その意外な理由に一同は驚く。また、父親に連れて行ってもらった世界的アーティストのライブがきっかけで、サックスを始めたと言い、その場で生演奏を披露するが、その独特な選曲に、ダウンタウンの2人は戸惑いを隠せない。



 さらに、幼なじみからは恋愛に関するタレコミも。学生時代にとにかくモテたという安斉は、同級生や他校の生徒など多くの男子に告白されていたが、好きな人には一途(いちず)なので、すべて断っていたと回顧。そんな安斉が、好きな男性のタイプと嫌いな男性のタイプを明かすが、その妙に具体的な例えが笑いを誘う。また、ドラマで共演した河北麻友子からは“英語と中国語にまつわる特技”を持っているとの証言が寄せられる。



 「ハシゴ酒」にはそのほか、大原櫻子も出演する。
カテゴリ