男性の本音!「女性の合わせすぎ問題」について

男性の本音!「女性の合わせすぎ問題」について

「好きな彼に好かれたい!」……そんな女性が、良かれと思ってする言動の1つに「相手に合わせる」というものがあります。


好きな食べ物や考え方など。


なんでも好きな彼に合わせてしまった……そんな経験はありませんか?


実は「女性の合わせすぎ」は、問題と言っていいほど男性には評判が良くないようです。


その理由を、男性へのインタビューと一緒に見ていきましょう!



「お互い違うから好きだったのに」


「自分と全然違うから気になって好きになったのに、最近は俺の好みに合わせてくるだけ。なんだかなー」(25歳/広告)


「彼ともっと仲良くなりたい!」という思いから男性に合わせてしまう女性も多いもの。


しかし、男性はというと「合わせられる」ことで、つまらないと感じてしまう人も多いようです。


好きになりはじめたときは、目の前にいる、ありのままの女性の個性や価値観に惹かれていたのに……。


あなたなりの努力とはいえ、自分に合わせられてしまうと、彼からすれば逆に魅力的だった部分が消えてしまうと感じる可能性も。


「自分とは違う個性」に惹かれた場合であれば、ガッカリしてしまうのもうなずけますね。


「この子は俺じゃなくてもいいのでは?」


「なんでも『いいね』とか『○○君に合わせるよ!』ばかり……本当に話聞いてる?俺じゃないくていいんじゃない?って思っちゃいます。なんか虚しくなりますね」(27歳/不動産)


男性が「なに食べたい?」や「どこ行きたい?」と聞いたとき。


ついつい相手に気をつかって「なんでもいいよ」と答えていませんか?


そんなとき、意見がないということは大して自分の話も聞いておらず、誰に対しても同じ反応なのでは……


と、考えてしまう男性もいるようです。


そう考えると、いま一緒にいる雰囲気がどれだけ良くても、ある疑問が浮かんでくるのだとか。


たとえば、「俺じゃなくても、いいのでは……?」「俺は別に、特別な存在ではないのでは?」「元カレの代わりでは?」……など。


「誰が相手でもいいんじゃないか」なんて、もし好きな彼からそんな風に思われたら心外ですよね。


でも、男性のなかにはこういう意見もあるようなので、少し心にとめて置くといいかもしれません。


「この子はつらくないのかな?」


「いつも俺に合わせてくれる彼女。本当は無理矢理合わせてるんじゃないか、つらくないか……なんだか心配になっちゃいます」(28歳/公務員)


彼に合わせているということは、あなた自身を変えているということでもあります。


彼の好きなものを好きになり、嫌いなものを嫌いになり。


でも、それって本当のあなたと言えるのでしょうか?


たしかに、彼は自分の好きなものに興味をもってくれたり、好きになってくれたりすれば嬉しいかと思います。


でも、好きな人の好みを知りたいと思うのは、男性側も同じでしょう。


あなたの好きなものを好きでいて、ありのままでいてほしい……


ときには「この子は俺に合わせてばかりでつらくないのかな?」と、心配することも。


彼はありのままの、「大好きなあなた」との幸せを願っているはず。


「刺激がない」


「彼女と付き合ってると『それはおかしい!』とか結構言ってくるんですよ。でも、言ってくれるから彼女の気持ちが分かるし、俺も言いやすい。刺激になるし、いい関係だなって思いますね」(29歳/IT)


あなたが彼に合わせると、意見が食い違うことも少なくなり、ケンカも減るかもしれません。


でも、意見の食い違いやケンカの解決は2人にとって「良い刺激」になることも多いはず。


たとえば、結果として「違う価値観を知ったり」、「2人にとって大切にすべきポイントに気づいたり」、「自分が成長しないといけないと思ったり」……


新たな発見につながる「刺激」は、2人の関係性やお互いの成長の源でしょう。


たまには意見が食い違うのも、大切な幸せへのエッセンスになるかと思いますよ。


おわりに


大切なのは「好きな人に好かれたい」を重視するあまり、相手に合わせすぎないことです。


あなたらしさを大切にした上で彼を理解する……


それが長く続く関係性に必要な要素かと思います。


「あなたらしさ」、そして「彼らしさ」をお互いが認め合えたなら、2人の未来はもっともっと幸せになっていくでしょう。


(橘遥祐/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ