V系バンド「ジャックケイパー」飛炉、新型コロナ感染 8日・12日にライブ出演

V系バンド「ジャックケイパー」飛炉、新型コロナ感染 8日・12日にライブ出演

 ビジュアル系ロックバンド・ジャックケイパーのボーカル・飛炉(ヒロ=年齢不詳)が17日、新型コロナに感染したことを自身のYouTubeチャンネルで公表した。



【動画】「ジャックケイパー」飛炉、新型コロナ感染を報告



 体調不良により、15日に行われたPCR検査の結果、この日判明。同バンドは今月8日と12日に東京・高田馬場でライブを行っており、参加者への周知のため、飛炉は動画で「保健所から連絡が行くので、知らない番号からの着信でも出てほしい」と訴えている。



 同ライブではステージと客席の間にビニールシートが設置され、入場者数も政府推奨のガイドラインに従って制限を行っていた。飛炉がマスクを外したのはメイクと写真撮影、ライブ本番のみで、8日のライブ前の体温は36.3度、12日は36.1度だった。



 そしてライブ翌日の13日に体温は36.9度だったものの頭痛と関節痛、倦怠感に吐き気があったため、大事を取って自宅待機に。翌14日は37.2度で病院へ行き、15日になっても関節痛等の症状が治まらないため、念のためにPCR検査を受けた結果、きょう17日に感染が判明した。



 「8日と12日のジャックケイパーのライブに来られた皆様へ 感染は大丈夫と思いますが、ご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます」と飛炉は語っている。

カテゴリ