“自転車大好き”稲村亜美、日々往復20キロサイクリングで4キロ減量

“自転車大好き”稲村亜美、日々往復20キロサイクリングで4キロ減量

 タレントの稲村亜美が17日、東京・霞ヶ関の国土交通省で行われた『令和2年度自転車活用推進功績者表彰式』に出席した。自転車活用の推進への功績が認められる個人、または団体を表彰する式典でプレゼンターを務めた稲村。「この場に立ち会えて光栄です。皆さんに負けないように、自転車の魅力をさらに発信していけるように頑張ります」と意欲を見せた。



【写真】引き締まったボディで式典に華を添える稲村亜美



 新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛期間中に、“自転車愛”にさらに拍車が掛かったという稲村。「電車に乗るのが怖いなと思って、基本移動が自転車になりました」とコメント。サイクリングにのめり込み、「自宅から10キロ前後だったらどこでも行けます。往復20キロ(自転車で)走っても大丈夫な体というか、なじんできました」と明かした。



 サイクリングだけでなく、筋トレにも勤しんでいる稲盛は「自粛をきっかけに体を絞ろうと思って、マイナス4キロを達成しました。去年よりほっそりしてるかなという印象があると思います」と笑顔を見せていた。



 稲村は、一昨年より幅広く自転車の良さやマナーを知ってもらうための「自転車アンバサダー」を務めており、この日は赤羽一嘉大臣の表彰状授与の介添えを行った。
カテゴリ