有働由美子、コロナ禍の体調不良で学んだこと 涙声で語る「大事な人の命を1%でも危険にさらすのが怖い」

有働由美子、コロナ禍の体調不良で学んだこと 涙声で語る「大事な人の命を1%でも危険にさらすのが怖い」

 フリーアナウンサーの有働由美子(51)が、17日放送のニッポン放送『うどうのらじお』(毎週金曜 後3:30)にリモートで生出演。体調不良により、大事を取って13日から、メインキャスターを務める日本テレビ系『news zero』(月~木 後11:00、金 後11:30)への出演を見合わせていたが、この日は自宅から声を届け、涙ながらに思いを語った。



【貴重ショット】ロングヘアだった!今と印象が違う有働アナ



 有働アナは「月曜日の朝に目が覚めたら、尋常じゃないくらいだるかった。起き上がれない感じがあった。いつもだるかったり、二日酔いの朝あるのですが、週のはじまりなので、ニュースのチェックをと思うんですけど、2~3歩で、あともうちょっとゆっくりしようと思うくらいだるかった」と回顧。「おかしいなと思ったら、のどが痛くて、奥にテニスボールが詰められた感じ、節々も痛くて、これひどい風邪かなと。急に寒気がして。これと思い浮かんだのがコロナでございまして。熱を計ったら、38.5度で、事務所にすぐに電話して」と振り返った。



 直近まで行動をともにしていた事務所のマネージャーが付き添い、病院に向かったそうだが「全部自分でやる想定をしておかないといけない、行けるクリニックがどこにあるのかを確認しないといけない、タクシーも普通には呼べない…。いろいろと考えました」と告白。「なんとか病院に行って、PCR検査をして、解熱剤を点滴したんです。点滴を打っていて、そこから一番苦しい時がきて…」と話し、その前日にNHK時代の大先輩である松平定知氏と会食を行ったことを明かした。



 松平氏の近著に、自身も関わっていたことから会食をともにした有働アナだが「もしかしたら…」との思いがよぎり、不安な中で松平氏にメールを送った。すると、松平氏からは「気にするな、こっちピンピンしてるよ」という報告とともに、体調を案ずるメールが届いたようで「読んで本当に…うーん、なんかやっぱり改めて思ったのは、自分がどうかじゃないんですね。ごめんなさい、きのうのきょうなんで。やっぱり怖いのは大事な人の命を1%でも危険にさらすのが怖い。PCR陰性とわかって、それもお伝えして、すこしホッとしたんですけど…」と涙ながらに語った。



 番組の様子は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。
カテゴリ