はじめしゃちょー『ポケモンカード大会』決勝、開始1分半で”最短”敗北「悔しい」 相手は元世界王者

はじめしゃちょー『ポケモンカード大会』決勝、開始1分半で”最短”敗北「悔しい」 相手は元世界王者

 『ポケモンカードゲーム』の大会「リザードンHR争奪戦」が17日、都内で開催。俳優、プロテニスプレイヤー、ミュージシャンなど各界を代表する8人が参加し、決勝戦はポケモンカード元世界チャンピオンのイトウシンタロウと人気YouTuber・はじめしゃちょーが対戦して、イトウが優勝した。開始1分半で決着がつき、公式大会史上最短の終わり方となり、はじめしゃちょーは「やばいぞ…」と嘆いた。



【写真】決勝戦で敗北した直後のはじめしゃちょー



 はじめしゃちょーは、謎解きクリエイターの松丸亮吾、俳優の本郷奏多を倒して決勝にあがってきており、決勝戦前は緊張しつつもカメラに向かってピースサイン。元世界王者に対して一矢報いるかと思いきや、対戦が始まると、後攻のはじめしゃちょーはポケモンのカードを1枚しか出せず「やばい…」とポツリ。



 解説者からも「たねポケモンを出さないと…」と心配の声があがる中、後攻2ターン目でもポケモンのカードを追加で出せず、イトウから先攻3ターン目で攻撃されて、バトルが続けられない状況になってしまったため、そのまま敗北してしまった。



 この模様はYouTubeでも配信されており、大会史上最速の終わり方に「伝説残したw」「最高の負け方」「さすが人気ユーチューバー」などと騒然。敗北しても人を楽しませたわけだが、対決後にはじめしゃちょーは「最速撃破でしたか?」と自虐ネタを展開しつつ「悔しかったです」と寂し気な表情を見せた。



 一方、優勝したイトウは「最速で終わったしまったので、やったー感が薄れてしまった」と苦笑い。この結末に本郷は「(はじめしゃちょーとイトウの立場が)逆もありえるということで、だからこそ(ポケカは)面白い」とフォローした。



 1996年10月から展開されているポケモンカードは世界大会が開かれているが、2018年夏ごろから大ブームとなり商品の売り切れが続出。ポケモンとサポートカードを好きなように組み合わせた60枚=1デッキを握り、子どもはもちろん、大人も楽しめるカードゲームとして全国でイベントや大会が開かれている。



 今回開催された大会は、優勝者はレアリティの高いHR仕様のカード「リザードンVMAX」を手に入れることができるため、一般開催を前に行われたもの。1枚目の「リザードンVMAX」をかけた戦いに、本郷奏多(俳優)、岡崎体育(ミュージシャン)、はじめしゃちょー(動画クリエイター)、松丸亮吾(謎解きクリエイター)、あばだんご(プロゲーマー)、西岡良仁(プロテニスプレイヤー)、ライバロリ(動画実況者)、イトウシンタロウ(ポケモンカード元世界チャンピオン)の8人が参加した。



 大会ルールは、発売されたばかりの強化拡張新パック「伝説の鼓動」10パックを使用した“40枚デッキ”(サイド4枚)のシールド戦。シールド戦は、決められた数の未開封拡張パックをその場で開封し、それらのカードのみでデッキを組んで対戦するというもので、パックから出たカード次第でデッキ構成が決まるため運要素が高く、プレイヤーの腕が高く試される。「リザードンHR争奪戦」の一般開催は23日より開催される。(参加方法は公式サイト参照)
カテゴリ