任侠漫画家が描いた『鬼滅の刃』ヒロインに反響 「物語やキャラの魅力はアプローチ次第」ものづくりへの執念

任侠漫画家が描いた『鬼滅の刃』ヒロインに反響 「物語やキャラの魅力はアプローチ次第」ものづくりへの執念

 代表作『代紋TAKE2』をはじめ、極道や反社な物語を硬派に描くベテラン漫画家・渡辺潤さん。現在51歳の失礼ながら立派な「オッさん」作家が、Twitterで熱心に美少女キャラを模写して「萌え」を研究している。萌えの感覚を理解しようとするひたむきな姿勢と、ベテランらしい的確なキャラ分析。さらには自身の過去作の“公開振り返り”をしたり、コロナ禍での漫画家の働き方について考えを述べたりと、ものづくりを極める姿勢がうかがえる発言の数々に、フォロワーは増加中だ。



【画像】禰豆子、綾波&アスカ、ナウシカ、京アニまで! 美少女の“萌え”分析



■苦手だった美少女作品、『けいおん!』で気づいた「萌え」の気持ち



――手書きの「萌え研究」が話題です。最近は『鬼滅の刃』のヒロイン・竈門禰豆子の分析など大反響でした。



【渡辺さん】まず言っとかないと…ですが、『鬼滅の刃』は単行本が入手できずに、アニメを観ただけの“にわか”です。その“にわか”が模写しただけの感想なんです。



――描いてみていかがでしたか。



【渡辺さん】禰豆子はいわゆる美人さんです。美人は、絵に起こす側からすると、特徴がなく似せづらいんですよ。ですが、設定・衣装・小物により、キャラがハッキリしている。つまり、多少違う顔でも禰豆子になっちゃう(笑) コレって凄いことで、作りたくともなかなか出来るものではありません。



――わかりやすいキャラだからこそ、難しいんですね。



【渡辺さん】そして、彼女の存在が主人公の原動力となり、物語の芯になっているんですね。複雑になりがちな長編作品を引っ張る上でも、完璧なキャラと言っても良いんじゃないでしょうか! 嫉妬を通り越し、ただただ感服するばかりです。近いうちに全巻そろえます(笑)



――もともと“萌え系”作品は苦手だったとか…。



【渡辺さん】石頭というか、古い感性のタイプだったんでしょうね。髪の色が青だのピンクだの…もう本当に理解不能だったんですよ。それが『けいおん!』を観て、僕が元バンドマンだったこともあってすっかりハマっちゃってました! そして気づいたのです。「仔犬のようにじゃれ合うこの娘たちは、いつまでも観ていられる。はっ! そうか…これが萌えか!!」って(笑) 女の子たちはスタイルがいい必要もないし、描き方次第で魅力的になる、そういう表現もできるんだと思いました。それから、自分の作品でも女の子キャラを楽しく描けるようになりましたね。



■Twitterの反応を漫画に生かす試み



――さまざまな内容を頻繁にTwitterに投稿されています。



【渡辺さん】Twitterは、当然 作品の宣伝や告知として使っていますが、最近は“実験”などをして反応を分析しています。いわゆるABテストです。過去に投稿したものを、コメントだけ変えて再投稿。すると、反応が大きく違うんです。フォロワー数や投稿時間など比較できない面もありますが、これは漫画にも活かせるはずです。



――ユーザーの反応を作品づくりの参考にしているのですね。



【渡辺さん】はい。同じ物語やキャラでも、アプローチが違えば面白さや伝わり方が違うという事ですからね! いつか、ボツネームやボツ企画が生き返るかもしれません(笑) Twitterは、今後も楽しみながらマイペースで続けていけたら、と思ってます。



■完全リモートにしたら仕事が1.5倍に 「ニュアンスが伝わらない」苦悩



――ところで、新型コロナの影響は漫画業界にも影響が及んでいると思いますが、いかがですか。



【渡辺さん】僕の仕事の仕方は、スタッフが全員何日間も泊まり込むという、時代に逆行する「ザ・昭和の漫画家」スタイルでした(笑) いつかは変えなければ…とは思っていたのですが、まさかこんな理由で、とは夢にも思いませんでした。



――つまり、大きく働き方を変えた?



【渡辺さん】そうなんです。僕はいまだにアナログで執筆しているのですが、スタッフの仕事は前作の『デガウザー』からデジタルになっていましたので、思い切って完全テレワークに切り替えたんです。結論から言うと、なんとか形にはなっていますが…僕の仕事は1.5倍に増えてしまいました。



――テレワークで仕事が増えてしまったのですね。



【渡辺さん】枠線引き・消しゴムかけ・資料や原稿の取り込み作業など、スタッフに任せていた仕事を僕がやらねばなりません。そして一番厄介なのが、ニュアンスが伝えづらくなったコト。とにかく電話ばっかりしています(笑)コロナに感謝はしませんが、新時代の描き方を学ぶチャンスだと思うようにしています。いつかはフルデジタルも…!?



――今後は「ウィズ・コロナ」での生活スタイルが求められます。危惧している点は?



【渡辺さん】リモートでの仕事は、上手くやれば時間短縮ができたり、遠方の方にもアシスタントを頼めたりと、プラス面がたくさんあります。ただ、新スタッフを迎える場合には、機材が揃っている即戦力が条件になってしまいそうです。つまり危惧しているのは、新人さんの現場経験が減るという事です。作家と編集の打ち合わせ、作業の流れ、こだわり方、割り切り方…、時間があればネームを見てくれる先生もいるでしょう。雑談にもヒントはたくさんあります。僕なんか編集者対策までアドバイスしちゃいます(笑) 現場での経験から、考え方や描き方が変わって人気作家になった先生方を何人も知っていますからね。



――そこまで細かなアドバイスは、“密な”コミュニケーションが必要ですね。



【渡辺さん】しかし今は専門学校やネット、SNSなど、学ぶ場は増えたとも言えます。若くて上手い漫画家が、本当に増えましたから。個人の才能の世界ですから…振り落とされぬよう、まずは自分が頑張らないといけませんね。ヤクザ漫画を描きながら萌えを探索して、将来安泰を目論みます(笑)
カテゴリ