ドラマ『真夏の少年』美 少年の浮所飛貴、初のヤンキー役「普段とのギャップに注目して」

ドラマ『真夏の少年』美 少年の浮所飛貴、初のヤンキー役「普段とのギャップに注目して」

 ジャニーズJr.・美 少年の浮所飛貴が20日、東京・六本木のテレビ朝日で7月期金曜ナイトドラマ『真夏の少年~19452020』(31日スタート、毎週金曜 後11:15~深0:15※一部地域で放送時間が異なる)の取材に応じた。



【写真】共演する博多華丸、長谷川京子、水野美紀



 同ドラマは、“日本一雷が落ちる町”富室町(とみむろちょう)に暮らす高校生たちが、戦時下からタイムスリップしてきた軍人と出会ったことで始まるひと夏の成長の物語を描く。



 春日篤役を演じる浮所のコメントは以下の通り。



【浮所】僕が演じる春日篤は、過去にいろいろなことがあって、クールになってしまった“見掛け倒しトリオ”の一員で、僕自身とは正反対のキャラクターです。クールな役を演じるのが夢だったので、今回すごくうれしいです。



 篤は左耳に3連のイヤリングを着けているんですが、僕的にはすごくカッコイイな、と思っています。そういうところにも注目して、クールな春日篤をじっくりと楽しんでいただければと思います。初めての演技のお仕事、頑張ります!



――初めてのヤンキー役について



【浮所】普段の僕は声が高めで明るい感じなんですけど、篤はホントにクール。だからちょっとトーンを落として低めの声でしゃべるようにしています。あと、一匹狼じゃないですけど、(“見掛け倒しトリオ”の)ほかの2人よりは精神年齢が高いイメージなので、日ごろから静かにするよう意識して役作りしています。普段とのギャップに注目してください!



――ヤンキーの勉強をする際、何を参考になさいましたか?



【浮所】松本潤くん、岡田准一さん、櫻井翔くんなど、先輩が過去に出演されていたドラマや映画を観て、雰囲気をつかみました。『ごくせん』の松本くんのヤンキー感、ヤンチャさ、クールな感じが、僕の今回の役の目標というか理想です。ヤンキーって、僕にとっては想像の世界でしかないので、頑張ってなりきっています。



――タイムスリップするとしたらどの時代に行って何がしたい?



【浮所】僕は過去にタイムスリップしたいです。父と母が出会った瞬間はどんな感じだったんだろう…とか、遠くから見てみたいですね。



――6人揃って初めてのドラマ出演ですが、お気持ちは?



【浮所】「新鮮」という言葉が一番合っているなぁと思います。こんな機会ってホントにないと思うんですよ。すごく貴重な機会をいただけたので、これを機に、いろんなことに挑戦していきたいなと思います。



――ドラマのテーマには、ジャニー喜多川さんがいつも舞台などでテーマにされていた「戦争」も入っていますが、このテーマに対する思いをお聞かせください。



【浮所】(博多)華丸さん演じる三平さんが、戦争の時代からタイムスリップして来た方なので、一つ一つが身に染みるというか…、戦時中のつらさなどを、令和の人たちに教えてくれるので勉強になりますね。いろんな思いを深く感じることのできるドラマだと思います。
カテゴリ