告白はしないが吉!男性がひっそり出す脈ナシ仕草4つ

告白はしないが吉!男性がひっそり出す脈ナシ仕草4つ

意中の彼とデートしたり、ふたりで話したりする……。


いい感じと思っても、実は男性のなかでは、まだまだ「恋愛対象」としては考えられていないことってあるのです。


そんな男性が醸し出す「脈ナシサイン」を見極められれば、告白のタイミングを外してしまうのも、避けられるはず。


彼の心がしっかりこちらに向いたときに告白できるよう、現状を見極めておきませんか?



あまり目を見て話さない


会話中、彼の目はどこを見ているでしょう?


たしかに目を見て話すのが苦手……というシャイな男性もいます。


でもそういう男性の場合、表情や体全体、声からも、緊張やためらいが感じられるもの。


一方で、リラックスして気楽に話しているように見えるのに、目を見て話してくれない。


目だけでチラッと見るだけ。


相手の男性にそんな仕草が見られるなら、まだまだ脈ナシかもしれません。


彼の目が、しっかりあなたを見つめ「キミが欲しい」という気持ちが感じられるまで、告白はお預けしたほうがよさそうです。


スマホをいじっている時間が長い


お店に入って注文を済ませた後、彼はなにをしていますか?


もし、スマホをいじっている時間が長く、こちらから話しかけないとずっと無言……というようであれば、脈はまだないのかも。


また、カラオケに一緒にいっても、自分が歌って曲を選ぶ以外はスマホをいじっていて、会話もほとんどなし……こういったことってありませんか?


たいてい返事も適当で、聞いているのかいないのか、わからない感じかもしれません。


彼が「もっと話したい!」と求めてくる姿勢が見えるまで、告白はしないほうが吉です。


相手との距離を少し遠めにキープ


写真をふたりで撮ることがあれば、そのとき、あなたと彼との距離はどれくらいですか?


また、お店で向かい合って座るとき、彼は姿勢よく、あなたの顔がしっかり見える距離で会話をしているでしょうか?


それとも、背もたれに思いっきりもたれるように座って、なんだか彼との距離が遠い……なんてことはありませんか?


そうしたふたりの距離は、彼からの脈アリ・脈ナシのメッセージかもしれません。


彼が、ググッと体を寄せてくれるようになるまで、恋を前進させるのはおあずけにしておきましょう。


別れ際がアッサリしすぎている


別れ際がアッサリしすぎている


デートが終わり、お別れのとき「じゃ! またね!」とアッサリしすぎていないかどうかは要チェックです。


見送りもナシで、彼のほうからササッと立ち去ってしまう……という状況ではありませんか?


「今日は楽しかったね」「今度は○○しようね」「帰ったらLINEしてね」など、名残惜しく別れるようになるまで、告白は待ったほうが賢そうです。


おわりに


あなたのことをどう思っているかは、デート中の仕草で、ある程度予測できるはず。


自分の気持ちを素直に表現するのが苦手な男性も少なくありませんが、あなたへの好意があれば、隠しきれない仕草として現れるでしょう。


それが何度か確認できるまでは、告白は待ったほうが正解ですよ!


(橘 遥祐/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ