亀梨和也、ナチュラルに“スター性”発揮「自分自身に恐怖を感じます」

亀梨和也、ナチュラルに“スター性”発揮「自分自身に恐怖を感じます」

 人気グループ・KAT-TUNの亀梨和也が21日、都内で行われた映画『事故物件 恐い間取り』(8月28日公開)完成記念イベントに出席。共演した奈緒が、撮影現場で亀梨から焼肉弁当をごちそうされたエピソードを話すと、亀梨は「ついつい(スター性が)出ちゃいましたね。自分自身に恐怖を感じます」と照れ笑いを見せた。



【集合ショット】瀬戸康史、奈緒ら豪華キャスト陣とともに登壇した亀梨和也



 奈緒は亀梨のイケメンエピソードについて「私が撮影の次の日に違う仕事が入っていたんです。でも、夜まで撮影があったので『寝られないね』と話していたんですが、亀梨さんが帰ったあとにスタッフさんから『亀梨さんからです』と焼肉弁当をいただいたんです」と現場の話を披露した。



 続けて「以前に、会話で何気なくタン塩が好きと言ったことを、亀梨さんが覚えてくださっていて。(弁当に)タン塩も入っていて、あのお肉のご恩は忘れられないです」と当時の感動を思い出しながら振り返った。



 このエピソードに、劇中で亀梨とお笑いコンビを組む瀬戸康史も「完璧だなあ。かっこいいですね。スター性が…」とほれぼれ。亀梨も「ぜひ、一面で!」とアピールしていた。



 また、本作で亀梨と初共演の瀬戸は「はじめましてな感じがあまりなかった。アドリブのシーンも亀梨さんがリードしてくださって、ありがたかったです」と感謝。亀梨も「好き勝手やらせていただき、それを瀬戸くんが受け入れてくれました」とたたえあっていた。



 この日は、江口のりこ、木下ほうか、中田秀夫監督も登壇した。



 本作は、“事故物件住みます芸人”として活動する松原タニシが、実体験を書籍化した『事故物件怪談 恐い間取り』を映画化。物語は、芸人・山野ヤマメ(亀梨)がプロデューサーから事故物件に住むように無茶ぶりをされ、1軒目の部屋で撮影された映像の中には白いものが映っていたり、音声が乱れたり番組は盛り上がっていく。事故物件を転々とするヤマメだが、“最恐”の事故物件が彼を待っていた…。
カテゴリ