V系バンド「ジャックケイパー」、メンバー5人全員コロナ陽性 “舞台裏”でクラスター化

V系バンド「ジャックケイパー」、メンバー5人全員コロナ陽性 “舞台裏”でクラスター化

 ビジュアル系ロックバンド・ジャックケイパーのメンバー5人全員が新型コロナウイルスで陽性と診断されたことが22日、バンドの公式サイトで発表された。関係者によると、管轄の保健所からもクラスターと判断されたという。



【動画】「ジャックケイパー」飛炉、新型コロナ感染を報告



 同バンドは、今月8日と12日に東京・高田馬場でライブを開催。17日には、ボーカルの飛炉(ヒロ)が、新型コロナに感染したことが判明しており、19日には新たにドラムの秀馬がPCR検査で陽性という結果になった。



 さらに、20日に保健所のPCR検査を行うギターの李九(りく)も味覚と嗅覚が無い状態ということを、自身のYouTubeチャンネル『ジャックケイパーちゃんねる』で公表していた。その後、21日には、ギターのちょこと李九、さらにきょう22日にはベースのYG(やじ)も陽性と診断された。



 バンドは今年4月に渋谷でマスクを配るなど、コロナ対策の意識が高く、同ライブでは全てのガイドラインを守っていた。ステージと客席間にビニールシートを設置し検温や問診票、消毒、常時マスク着用と感染対策が行われており、来場したファンは濃厚接触者にはならないとのこと。



 感染経路について関係者は「メイクや撮影時にマスクを外す時間帯があり、メイク道具の使い回しやメイクスタッフとの接触等、さらにはライブ後のメンバー全員での食事等が考えられます」とし、“舞台裏での感染対策”が盲点となり、感染が拡大した可能性を指摘している。



 公式サイトでは「この度は、関係者各位、そしてジャックケイパーを応援していただいている方々には、大変なご心配及びご負担をおかけしており、心からお詫びを申し上げます」と謝罪。なお、濃厚接触者とされていたバンドのマネージメントスタッフはPCR検査の結果、陰性判定。他の複数のスタッフの検査結果はまだ出ていないという。
カテゴリ