恋が実らない…男性に引かれてしまう「NGアプローチ」

恋が実らない…男性に引かれてしまう「NGアプローチ」

頑張ってアプローチをしても、そのやり方が間違っていたら、逆に嫌われる原因になってしまいます。


男性の気持ちを考えずに、一方的な思いで好意をぶつけるのも相手によっては困惑する元です。


そこで今回は、男性に引かれてしまう「NGアプローチ」を紹介します。



しつこく「何度も」誘う


気になっている男性を、食事などに誘うのは好意を示すためにも有効的。


でも、必ず成功するわけではないですし、タイミングが合わずに断られてしまうこともあるかもしれません。


この時に、躍起になってしつこく何度も誘うのは、鬱陶しく思われるのはもちろんのこと、重い女性という印象を与えることにもなりかねません。


ちょっと日を置いてみたり、もう少し仲良くなってからにしたりすれば、お誘いへの返答が変わってくる可能性も大いにあり得ます。


「SNS」に常にコメントする


気になる男性のことはなんでも知りたくなるでしょうから、SNSも細かくチェックしているかもしれません。


その気持ちはわからなくもないですが、それが男性にバレてしまうと、恐らく引かれてしまうでしょう。


また、投稿に対して常にコメントを書き込むのも、最初のうちはよくても、次第に「なんか怖いな」と思われることになるはず。


そういったいき過ぎた行動は、アプローチというより、男性はまるで監視をされているような気分になるだけですよ。


男性の都合を「無視」している


アプローチやお誘いをする際に、最も気をつけなければいけないのは、相手の都合を考えること。


それを完全に無視して、自分の気持ちだけをぶつけても、迷惑行為でしかありません。


仕事中や早朝・深夜、大変な状況のときなどに、過度に連絡されたらイラ立ちしか覚えないでしょう。


相手の状況を把握してから誘ったほうが、OKをもらえる確率はグッと上がります。


「自己中な子だな」と思われないためにも、絶対に必要な気遣いですよ。


「待ち伏せ」をする


何の約束もしていないのに、会社や自宅の前で女性が待っていたら、はっきり言って恐怖でしかありません。


好きすぎるがゆえの行動かもしれませんが、その好意はプラスには受け取ってもらえないはず。


ストーカー気質があるようにも感じてしまうので、「こんな子とは付き合えない」と恋愛対象外にされる危険性も大。


「たまたま近くまで来ているので、よかったら軽く食事でもしませんか?」と事前に連絡さえすれば、男性も一気に受け入れやすいです。


連絡もなく、突然現れるのはやめておきましょう。


おわりに


気になる男性との距離を縮めるためには、積極的にアプローチはしていくほうが上手くいく確率があがります。


重くならないようにするのはとても重要なので、そのことは常に頭に入れておいてくださいね。


(山田周平/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ