付き合わないほうが無難!不誠実な男性に共通する言動3つ

付き合わないほうが無難!不誠実な男性に共通する言動3つ

付き合うときは、相手がちゃんと誠実な人かどうかを見極める必要がありますよね。


せっかく好きで付き合っても相手が不誠実な人では、幸せな恋愛はできません。


そこで今回は「不誠実な男性に共通する言動」をご紹介します。


恋は盲目というように、恋愛真っ只中のときは、なかなか冷静な観察眼が持てないもの。


でも、幸せな恋を手に入れるためには、付き合う前の見極めがとても重要なのです。


好きな人のことで頭がいっぱいになりがちな女性ほど、ぜひチェックしてみてくださいね。



(1)時間を守らない


たとえば、デートの約束をしたとき、待ち合わせの時間に遅れてくる男性は、誠実度が低いと言えます。さらに遅刻について謝罪がない男性は、誠実とはほど遠いタイプかも……。


仕事にたとえるとわかりやすいのではないでしょうか。きちんと仕事をする人ほど、納期は必ず守りますよね。


恋愛も同じなのです。誠実に付き合う気持ちがある人なら、約束の時間に遅れることはしないはず。


思わぬ理由で遅れてしまった場合でも、必ず謝罪し、誠意を見せてくれるでしょう。


遅刻だけでは済まず、デートをドタキャンするなんてもってのほかです。


あなたとの約束に対する彼のスタンスから、誠実さを見抜いてくださいね。


(2)身近な人を大事にできない


不誠実な人は、誠実に一人の異性と付き合えず、浮気に走ることもあります。一人の人を大切にできない人は、恋愛関係だけでなく他の人間関係においてもその傾向があるでしょう。


身近な人を大切にできず、失礼な対応をとったり、心ない言葉で傷つけたりするかも。家族とあまり会っていなかったり、友達との遊びの約束をドタキャンしたりするような男性は要注意です。


逆に、誠実な人ほど人の気持ちを無下にせず、身近な人を大切にすると言えます。


たとえば、親や友人、仕事の仲間など。周りにいる一人一人の気持ちを大切に扱い、親身になって付き合える人のほうが、恋愛においても誠実だといえるでしょう。


気になる人の周囲に対する態度を見ると、誠実さと不誠実さがわかるのではないでしょうか。


(3)自分を偽ったり、ウソをついたりする


3)自分を偽ったり、ウソをついたりする


ときには、やむをえずウソをついてしまう場合もあるでしょう。相手のことを思ってつくウソや、守秘義務を守るためにつくウソなどもあります。


しかし、それ以外で平気で自分を偽ったり、都合のいいようにウソをついたりする人は、付き合わないほうが無難でしょう。


不誠実な人は、平気でウソをつきます。彼女がいるのに「いない」と言ったり、学歴を偽ったりなんてこともしばしば。


本気で付き合いたい相手には、ウソをつこうと思わないはず。あなたとの真剣な交際を望んでいる男性なら、必要なときしかウソをつかないでしょう。


不誠実な人を付き合う前に見極めよう


好きな人と付き合うから、幸せになるとは限りません。誠実にあなたを愛してくれる人と付き合って初めて、幸せになれるのです。


不誠実な人に惚れそうになってしまったときは、その恋をして本当に幸せになれるのかどうか、冷静に考えられるといいですね。


(柚木深つばさ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ