浜辺美波、PCR検査「陰性」を報告 新型コロナ陽性の横浜流星とドラマ共演も濃厚接触者にはあたらず

浜辺美波、PCR検査「陰性」を報告 新型コロナ陽性の横浜流星とドラマ共演も濃厚接触者にはあたらず

 新型コロナウイルスに感染し入院中の俳優・横浜流星(23)と、日本テレビ系ドラマ『私たちはどうかしている』(8月12日スタート予定)でともに主演を務める女優・浜辺美波(19)が23日、自身のツイッターを更新。「一昨日受けましたPCR検査結果において『陰性』と報告を受けましたので、お知らせ致します。皆様にはご心配をお掛けして申し訳ありません」と伝えた。



【写真】浜辺美波×横浜流星主演ドラマのメインビジュアル



 浜辺は続けて「濃厚接触者との判定は受けませんでしたので、引き続きお仕事に励んで参ります。横浜さんの1日でも早い回復を願っています」とつづった。浜辺の所属事務所も先立って、ツイッターで「弊社所属 浜辺美波の出演作品におきまして、共演者の方が7月20日(月)に受けた新型コロナウイルス抗原検査の結果が陽性だったことが判明し、翌21日(火)に当人も抗原検査及びPCR検査を受けました。本日7月23日(木)、全ての結果が陰性であることが判明いたしましたのでご報告いたします」と発表。



 続けて「また、当人は濃厚接触者にはあたらないという保健所からの判断もございました。仕事関係者の皆様、いつも応援して下さっているファンの皆様には、ご心配をお掛けいたしました。浜辺美波はこれまで通り、お仕事に励んでまいります」と伝えた。



 横浜の所属事務所は21日、「7月21日(火)、当社所属の横浜流星が新型コロナウイルスに感染していることが判明いたしました」と発表。7月20日夜、出演舞台『巌流島』の稽古終了直後の検温では発熱はみられなかったが、帰宅途中に倦怠感から検温したところ発熱症状が見られ、医療機関を受診。抗原検査、PCR検査を受け、同日深夜に抗原検査で陽性との検査結果を受けた。



 21日昼頃、保健所からの連絡により、病院との話し合いの結果、現時点で抗原検査の結果が陽性のため、新型コロナウイルスに感染していると判断された。現在は「医療機関受診後、当人は病院の指導に従い、入院・治療を行なっております」としており、「仕事関係者・共演者の皆様、いつも応援して下さっているファンの皆様に多大なるご迷惑とご心配をお掛けしていることを、心よりお詫び申し上げます。当人も病状の回復に全力で努めております」と伝えた。
カテゴリ