生駒里奈、YouTubeチャンネル開設「変化する世の中にしっかりとついて行く」

生駒里奈、YouTubeチャンネル開設「変化する世の中にしっかりとついて行く」

 女優の生駒里奈が23日、自身のYouTubeチャンネル『IKOMACHANNEL』を開設した。ORICON NEWSでは、生駒にインタビューを行い、チャンネル開設や今後への思いなどを語ってもらった



【写真】笑顔で自身のチャンネルをアピールする生駒里奈



――YouTubeチャンネル開設の理由を教えてください。



 4月から新しいスタートを切るというときに、新型コロナウイルスの影響もあって、人と人が向き合ってきたエンターテイメントの形が変わってしまうかもと思ったんです。これからはパソコン1台、携帯ひとつでたくさんの人とコミュニケーションがとれるなと思ったのと、自分のやりたいことを発信する場として開設しました。



――いつごろからYouTubeチャンネル開設を考えていましたか。



 やんわりとですが、以前からやりたいと思っていました。普段からYouTubeを見ている方々にも私のことを知っていただけたらなと。そして昨今の状況もあって、いよいよ必要性を感じました。



――編集は自身で行うのですか。



 編集はできません(笑)。なのでアイデアや企画を考えています。ただ、練習としてiPadでショートムービーを作ったりもしています。1年位かけて「これなら出せる!」というものが出来上がったら、自分で作ったものも出してみたいですね。私自身はけっこうアナログなので「デジタルにならないと」と思っています(笑)。



――どのような内容の動画を考えていますか。



 Vlog(動画ブログ)のような雰囲気で、お出かけできるようになれば散歩だったり、会ってみたい芸能人の方や芸人さんもいらっしゃるので対談形式でお話したり。、私が秋田出身なので、秋田出身の芸能人の方々とお話もしたいです。あとは、自分の日常も見せていきたいなと考えています。



――なぜ情報の発信源をYouTubeに設定したのでしょうか。



 世の中が変わってきて、YouTuberの方々もやれることが制限されてきている。SNSの在り方も変わってきている中で、その変化する世の中にしっかりとついて行かないといけない。特に私たちの世代はSNSが当たり前にある中で生活しているので、やっぱり(YouTubeを)やったほうが、もっと自分のことを知って、なおかつ理解してもらえるのではと思いました。



――グループを卒業して2年がたちました。これからの目標は?



 自分自身の活動を頑張るために卒業したので、役者として磨きをかけていきたいです。そして唯一無二の役者になるためにいろんな作品に出て、どんどん経験を積みたいです。自分の面白さや技術にはまだまだ納得いっていないので、それにつながるような発信もこのYouTubeチャンネルでしていけたらなと思います。
カテゴリ