小山慶一郎、屋号残したTOKIOに共感 自身も「絶対にNEWSを残したい」

小山慶一郎、屋号残したTOKIOに共感 自身も「絶対にNEWSを残したい」

 人気グループ・NEWSの小山慶一郎が23日、TOKYO MXのワイドショー『バラいろダンディ』(月~金 後9:00)に出演。TOKIOの長瀬智也が、来年3月いっぱいでジャニーズ事務所から退所することを受けて言及した。



【写真】福島県からTOKIOに贈られた感謝状



 「(国分)太一さんから事前にお電話でご報告を受けていました」と明かした小山は「太一さんとは一緒に番組をやらせてもらっていて、NEWSが4人から3人になる時も太一さんに相談していた。その中で『絶対にNEWSを残したい』という思いに共感してもらったのが自分の中で大きかった。なので、TOKIOさんもジャニーさんからいただいた『TOKIO』という屋号を守っていくという思いを皆さんで決めたのではないかと思っています」と共感の思いを口にした。



 続けて「形が変わってもTOKIOさんは、TOKIOさん。歴史は止まりませんし、ファンの皆さんと来年の4月以降、新たな歴史を刻まれる姿を後輩としては追いかけていきたい」と語っていた。



 TOKIOは長瀬の退所後、来年4月1日付で「株式会社TOKIO」を設立。城島が社長として、国分と松岡は副社長として経営に携わる。事務所側は「ジャニーが命名したTOKIOという看板は今後も背負った形で、グループと個人の仕事を今まで以上に自由度高く、新しい仕事に積極的に挑んでいきます」と説明している。
カテゴリ