SHOWROOM前田裕二社長、コロナ禍の働き方を語る「急激に言葉の重要性が増している」

SHOWROOM前田裕二社長、コロナ禍の働き方を語る「急激に言葉の重要性が増している」

 SHOWROOM社長の前田裕二氏が、24日放送のニッポン放送『ニッポン放送ホリデースペシャル NTT 東日本 presents アフターコロナの新しい働き方』(後1:00)にゲスト出演。新型コロナウイルス流行をきっかけに、大きく変化した「働き方」について、飯田浩司アナとともに語った。



【写真】音楽・エンタメ業界トップの鼎談&小林武史氏、前田裕二氏も出演



 前田氏は、コロナ禍での働き方について「まるで変わった。多くの仕事は、デジタル完結が前提となった」と話し、昨今増えているリモート会議やチャートツールでのやりとりの増加に「オンライン中心のコミュニケーションは見かけ以上に難易度が高く、急激に言葉の重要性が増している」と指摘。



 移動などの隙間時間が効率化されたことで「明確にインプット量を増やすチャンスが広がった。調べ物をしたり、本を読んだり、映画を見たり、など、外部からの刺激や学びを体内に注入する時間が増大した。アイデアはインプットを栄養源にして生まれ、育つものであるから、コロナは自分に無数の新しいアイデアをもたらしてくれたと思っている。このように、一見マイナスと思える事に対して、クイズを解く感覚でプラス転換を仕掛ける解釈力こそ、いま我々に問われているのではないか」と言葉に力を込めた。



 「エンターテインメントの新しい働き方」についても「今、従来の半減以下と言われてるリアルエンタメの落ち込みは、デジタルとの融合によって、元通りの100%はおろか、300とか500、果ては1000%などといった異次元の規模にまで成長し得る。エンタメは、このショックを機に、むしろ過去のやり方を大きく塗り替え、強く進化していく事ができるはずだ。その未来を想像するとワクワクする」と期待。



 続けて「ポイントは、リアルの価値をそのまま代替しないこと。リアルは強い。そこに追いつくというよりも、むしろ、デジタルならではの全く新しい価値を作ることだ。ネットにしかやれないこと、出せない付加価値が、必ずある」と話していた。番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。
カテゴリ