全ては愛ゆえに・・・ -『下ネタという概念が存在しない退屈な世界』- ストーカーになってしまった生徒会長

全ては愛ゆえに・・・ -『下ネタという概念が存在しない退屈な世界』- ストーカーになってしまった生徒会長

時岡学園への登校初日、痴漢冤罪事件に巻き込まれた新入生の奥間狸吉(おくま たぬきち)。


窮地を救ってくれた下ネタテロリスト『雪原の青』の正体は、生徒会副会長の華城綾女(かじょう あやめ)であった。華城先輩が裏で運営する、下ネタテロ組織SOXのメンバーとして『下ネタという概念が存在しない退屈な世界』に戦いを挑む。


が、そこに立ちはだかった生徒会長アンナ・錦の宮(あんな・にしきのみや)はめちゃくちゃ強かった。


アンナ先輩の人知を超えた能力を紹介したい。


■性(アンナ先輩自身は愛と言っている)への執着がすごい

奥間が、アンナに襲い掛かろうとするストーカーを取り押さえようとするも、足がもつれてアンナと事故チュー。

それがアンナの性を目覚めさせる切っ掛けとなってしまった。


「そこに愛があれば何しても正しい」という信念のもと、アンナはアパートだろうが、学校内だろうが、旅先の温泉だろうが、奥間狸吉を追いかけまわすのであった。


■ハサミさばきがすごい

SOXメンバーの奥間と華城先輩が二人っきりでいようものなら、たちまち金網も一刀両断。


「おふたり、ずいぶん仲がおよろしいのね」


笑顔の奥に隠された嫉妬の炎が怖すぎます。

これには、さすがの「雪原の青」華城先輩も足の震えが止まりません。


■嗅覚がすごい

「奥間くんの臭いがしますわ」


干してあった奥間のパンツの臭いを嗅ぎつけて、真っ先に部室に飛び込んできたのはアンナ先輩。

先輩を釣るための罠ではなかったのですが・・・。

てか、何のための罠でしたっけ?

アンナ先輩、話をややこしくしないでください。

それと、ぼくのパンツ持って行かないでください。


■高いところから落ちてもすごい

テロ組織SOXを・・・奥間狸吉を追いかけて野を越え、山を越え。

その姿はまるで狂乱したヤマンバのよう。

ロープウェイから転落しようとも、断崖絶壁から身を投げようとも、翌朝にはケロッとしているアンナ先輩でした。






あの憧れのアンナ先輩がまさかの性欲の怪物だったなんて・・・。

これは淫獣と呼ぶべきか。

華城先輩たちは助けてくれるどころか、面白がってもっと煽ろうとする。

ストーカー化した愛する人に追いかけまわされる。


羨ましいようで羨ましくない一風変わったラブコメ?が「下せか」の世界です。





 


【脳筋ナイトからロボット、魔法少女にエロゲヒロインなどなど登場】『BLACK LAGOON』作者・広江礼威によるTVアニメ『 Re:CREATORS 』( レクリエイターズ )の魅力紹介





下品とエロスと外道と弱肉強食。とにかくボインが大好きアニメ『 砂ぼうず 』レビュー





(あにぶ編集部/百百太郎)
カテゴリ