「ミスマガ2020」ベスト16、ビキニで全力アピール 『ヤンマガ』ぶち抜きグラビア

「ミスマガ2020」ベスト16、ビキニで全力アピール 『ヤンマガ』ぶち抜きグラビア

 多数のアイドル・女優・歌手を輩出してきた名門ミスコン「ミスマガジン2020」のベスト16が、27日発売の『週刊ヤングマガジン』第35号(講談社)の表紙&全グラビアページに集結した。



【写真】都丸紗也華の妹・亜華梨も登場!『ヤングマガジン』表紙



 同コンテストは1982年から始まり、今年で37周年と雑誌業界で最も歴史のあるミスコンで、初期には女優の斉藤由貴や細川ふみえなどを輩出。以降も中川翔子、岩佐真悠子、山崎真実、北乃きい、倉科カナ、桜庭ななみ、新川優愛、衛藤美彩(乃木坂46)など、現在も最前線で活躍する女優・モデル・アイドルが多数誕生している。体制やシステムの見直しのため2011年から休止され、18年に7年ぶりに復活した。



 令和になって2度目の「ミスマガ」の応募総数は2788人。ベスト16には、グラビアアイドル都丸紗也華の妹・都丸亜華梨(18)や、ベスト16最年少にしてミス・ティーン・ジャパン2020ファイナリストの菊地姫奈(15)、アイドグループ「Pimm’s」メンバーの早川渚紗(20)など、魅力あふれる美女たちが選ばれている。



 グラビアでは全員集合の白ビキニカット&キュートなビキニの全員のソロカットが掲載。キャッチコピーやプロフィール、一問一答もありそれぞれの魅力を知ることができ、動画を見られるQRコードも紹介している。
カテゴリ