弘田三枝子さん死去 73歳 「ヴァケーション」「人形の家」などヒット

弘田三枝子さん死去 73歳 「ヴァケーション」「人形の家」などヒット

 「ヴァケーション」や「人形の家」などのヒット曲で知られる歌手・弘田三枝子(本名:竹永三枝子)さんが21日、心不全のため千葉県内の病院で亡くなった。73歳。27日、所属事務所などが発表した。



【写真】弘田三枝子さん「人形の家」などジャケット写真



 事務所は書面を通じ「7月20日(月)、千葉県内の自宅で倒れ、同県内の病院に搬送されましたが、翌21日(火)、午後10時31分に心不全のため、帰幽されました。73歳でした」と報告。「倒れる前日までは、変わりなく元気でした。なお、この度の世情を踏まえ26日(日)、親族関係者により密葬を執り行いましたことを合わせてご報告いたします」とした。



 弘田さんは小学生の頃から米軍キャンプで歌いはじめ、1961年14歳で「子供ぢゃないの」でデビュー。その後、「ヴァケーション」「すてきな16歳」「砂に消えた涙」などのカバー曲のヒットを連発、“パンチのミコちゃん”と称された。週に10本以上のテレビのレギュラー番組を持つなど国民的な人気を博し、1965年には日本人歌手初の『ニューポート・ジャズ・フェスティバル』出演も果たしている。



 1969年にイメージチェンジを計りリリースした「人形の家」が大ヒット。また、ダイエットブームの先駆けとなった「ミコのカロリーブック」は150万部を超すベストセラーを記録した。そのパフォーマンスは多くのミュージシャンに影響を与え、桑田佳祐は1983年にサザンオールスターズのアルバム『綺麗』に、弘田さんをテーマにした「MICO」という作品を収録。アンサーソングとして同年に「オー!ケイスケ」をもじった「O-KAY」をリリースしている。



 今年はレコードデビュー60周年を迎え、記念曲の制作や記念コンサートの開催などを企画していたが、新型コロナウイルス感染拡大により「来年に持ち越しね!」とスタッフと話し合っていたところだったという。先月15日にはYouTube『日本歌手協会チャンネル』で配信された『コロナに負けるな リレー歌謡祭第46弾』で「早く皆さんに会いたいです」と電話でコメントを寄せており、最後の肉声となった。



■弘田三枝子さん シングル作品に関する記録

※記録はすべてオリコン調べ、2020/7/27付現在



1位…「人形の家」(1969年7月1日発売)最高1位、累積売上枚数:57.1万枚

2位…「私が死んだら」(1969年12月10日発売)最高5位、累積売上枚数:24.9万枚

3位…「燃える手」(1970年4月25日発売)最高19位、累積売上枚数:11.7万枚
カテゴリ