日向坂46・東村芽依『体育会TV』で自慢の俊足を披露 “奈良のチーター”の異名「全力で走りたい」

日向坂46・東村芽依『体育会TV』で自慢の俊足を披露 “奈良のチーター”の異名「全力で走りたい」

 人気アイドルグループ・日向坂46の東村芽依が8月1日放送の『炎の体育会TVSP』(後7:00~)に出演する。東村は自慢の俊足をいかし、正体不明の「マスク・ド・ランナー」とのリレー対決に臨む。



【写真】初フロントに抜擢された東村芽依&金村美玖の“癒やし系コンビ”



 今回のマスクマンは、箱根駅伝で優勝経験があり区間賞も獲得した現役ランナー。マスクマンが1人で4000メートルを走るのに対し、足に自信のある女性芸能人の精鋭10人が400メートルのリレーで立ち向かうハンデマッチを生中継でお送りする。東村のほか、クロスフィットトレーナー・AYA、フィギュアスケート元世界女王・安藤美姫、土屋太鳳の姉で2019ミス・ジャパンのグランプリ・土屋炎伽ら、ずば抜けた身体能力を持つ精鋭がそろう。



 東村は、50メートルを7秒6で駆け抜ける俊足の持ち主で、小学生時代は校内のマラソン大会で5年連続1位を獲得するなど持久力も抜群。出身地にちなみ「奈良のチーター」との異名を持つという。「体を動かすことが大好きなので、この企画に参加出来てうれしいです。日向坂46はなんでもがむしゃらに取り組むグループなので、その熱さが伝わるように全力で走りたいと思います!」と熱く意気込みを語った。東村と同様に、日向坂46のメンバーである加藤史帆も応援に駆け付け熱いエールを送る。



 衝撃の陸上2番勝負に加え、マスク・ド・ピッチャーと ELLY(三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)ら芸能人最強スラッガー軍との一夜限りの生対決をお届けする、前代未聞の2大生放送対決となっている。
カテゴリ