中村鴈治郎、片岡愛之助、市川右團次が意気込み 『大阪文化芸術フェス』は「大きな意味がある」

中村鴈治郎、片岡愛之助、市川右團次が意気込み 『大阪文化芸術フェス』は「大きな意味がある」

 今年で4回目を迎える大阪の秋の一大イベント『大阪文化芸術フェス』(9月11日~13日)のスタートを飾る『歌舞伎特別公演』の記者発表会が29日、大阪府公館で開催され、吉村洋文大阪府知事のほか、中村鴈治郎、片岡愛之助、市川右團次の大阪にゆかりの深い歌舞伎役者3人が登壇。コロナ禍の影響で1月以来となる大阪での本格的な歌舞伎公演への意気込みを語った。



【写真】『大阪文化芸術フェス』の開催意義を語った吉村大阪府知事



 吉村知事は冒頭「コロナの影響で文化、芸術に触れる機会が減っている中、文化、芸術の力で大阪を元気にしていきたい」とあいさつ。松竹の市村昌也執行役員が今回の公演の演目に「関西出身、関西になじみの深い役者ばかりで、演目も関西にちなんだもの。時間は短縮しているが、内容は濃い」と説明した。



 今回の公演の見どころについて鴈治郎は「化粧して、衣装を着て、お客様の前で舞台を立つのは、(コロナ禍の後)今回が初めて。できるんやな、と高揚感を感じている」と明かし、出演する演目の「連獅子」について「愛ちゃん(愛之助さん)との共演は初めて」と喜んだ。



 8月に東京・歌舞伎座で開催される公演で息子の中村壱太郎と愛之助が先に演じることをとには「先にずるいが、(9月は)親子替わってやります。とにかくお客様に見てもらえるといううれしさは何物にも代えがたい。ぜひ成功させたい」と力を込めた。



 愛之助は「コロナ禍の中、大阪を少しでも盛り上げたいと思っていたところに今回の話をいただいた。久しぶりに大阪の舞台にたてることが本当にうれしい」とにっこり。市川右團次は「役者になってこんなに間が抜けていたのは初めて。体が動くか心配」としながら「やはり歌舞伎はお客様の前で、喜んでいる顔を見ながら、元気、勇気をいただき、その日しかかなわぬ空間を共有するのが楽しさ」とかみしめていた。



 出演する「茶壺」に関しては「私の本名は武田右近。その後、市川右近を41年名乗ってきました。共演するのが尾上右近さんなので、ダブル右近でお届けします」と話し、もう一つの演目「戻駕色相肩(もどりかごいろにあいかた)」では、「せがれの2代目市川右近も出演する。こちらはトリプル右近で」と会場を笑わせた。



 また、上方伝統芸能をはじめ、音楽やアートを大阪から発信する大阪文化芸能フェスに、右團次は「大阪ミナミのど真ん中生まれ育った。このような形で関われることを本当にうれしく思っている」。鴈治郎は「今年もやっていただけることに大きな意味がある。本当に感謝している。その皮切りに歌舞伎公演ができるのがうれしい」。愛之助も「吉村知事を含め、関係者の方に感謝している。大阪に住むものとして、この火が途絶えないようにずっと続けていっていただきたい。もちろん参加もさせていただきたい」とメッセージ。



 吉村知事は「フェスの開催を決定してよかった、と3人の話を聞いて思った。やめた方がいいという意見もあったが、やるべきだと判断した。体の健康も大事だが、心の健康も大事。上方芸能は心を健康に、豊かにするものだと思っている」と話した。



 最後に鴈治郎はコロナ禍の現状を踏まえ「見に来ていただく楽しみが怖さにならないようやらせていただく」と安全を強調し、改めて「じかにお客様と触れられるのがうれしい。ぜひ足を運んでください」と呼びかけていた。
カテゴリ