それは仕方ない…男がギリ許した「彼女のプチ浮気」

それは仕方ない…男がギリ許した「彼女のプチ浮気」

浮気をしていると捉える境界線は、人それぞれ違います。


浮気と思えるような行為でも、なかには許さざるを得ないような場合もあるでしょう。


では、「男性がギリ許した彼女のプチ浮気」とは?



連れて行ってあげられない場所に


「俺は絶叫マシンが大の苦手。見るのも嫌なぐらいです。でも、彼女は大好きなんですよね。だから連れて行ってあげられないのが申し訳ない。彼女には同じ趣味の男友だちがいて、その人と2人で出かけてるけど、それは仕方ないか……と」(26歳/音楽)


自分が連れて行ってあげられない場所に、ほかの男性と出かけたとしても、それは仕方ないと捉えるようです。


好きなものを提供してあげられないのは、自分の責任。そこは、目をつむるしかないのでしょう。


初恋の相手と会う


「彼女といるときに、LINEのやり取りが目に入っちゃったんです。相手は男で、会っているみたいな感じでした。彼女に聞いたら、『初恋の相手』だと。小学校の同級生で再会して今度お茶をするとか。20年前の話だし何もないかと許しました」(31歳/建設)


初恋の相手となれば、心配ではあるでしょう。


ただ、20年近く前の話となると、その心配も少し薄れます。自分にだってそういう相手はいるはずですから。


むしろ彼女に、思い出を大切にして欲しい……という感情になるのかもしれません。


海外の人とのキス


彼がギリ許せるプチ浮気とは?


「彼女とのデート中に偶然、彼女が昔通っていた英会話の先生に遭遇。それが外国人の男性なんです。近付いてハグをしたかと思ったら、頬にキスして……。でも、海外の人だし挨拶だから仕方ないかと、我慢しました」(28歳/運送)


海外の人にとっては、キスは挨拶みたいなもの。


文化の違いもあるので、受け入れなければいけないところなのでしょう。


ただ、キスが唇にとなったとしたら、様子は変わってくるかもしれませんね。


SNSでの親密な交流


「彼女のSNSを久しぶりに覗いたとき。コメント欄に『ファンです』とか『好きです』とか書き込んでる男がいたんです。彼女に聞いたら、知り合いらしいのだけど、直接の連絡先は知らないと。やり取りはコメント欄だけだと言うので、グッとこらえました」(26歳/出版)


親密なやり取りをしていたとしても、SNS上であれば人の目にもつきます。


怪しい行動に出ればすぐに分かるし、それ以上の関係に発展するとも考えにくい。


でもこれがDMなど、直接やり取りをしているとなれば、彼にとっては許されない行為となってくるでしょう。


おわりに


男友だちと2人で出かけるようなこともあるかもしれません。それを許せる人と、浮気だと捉えてしまう人もいます。


彼がどっちなのか、どこが浮気の境界線なのかは、把握しておくべきでしょう。


(大木アンヌ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ