『トトロの雨傘』皇室御用達の老舗メーカーより発売 昭和30年の舞台背景…職人の手作り

『トトロの雨傘』皇室御用達の老舗メーカーより発売 昭和30年の舞台背景…職人の手作り

 人気アニメ映画『となりのトトロ』(1988年公開)の劇中で、サツキが初めてトトロと出会った際に手渡した「雨傘」が、皇室御用達洋傘メーカー「前原光榮商店」の傘作り職人の手により『トトロの雨傘』として8月14日に発売されることが決定した。



【写真10枚】大・中・小のトトロがチラリ!傘に描かれたワンポイントのイラスト



 公式『トトロの雨傘』として、生地部分にはジャガード織機による線描表現にて「トトロのイラスト」をワンポイントであしらっており、さまざまな職人のこだわりが詰まった1本に仕上がっている。



 具体的なこだわりは、『となりのトトロ』の舞台背景となる昭和30年前後で主流だった「8本骨長傘」を採用することにより機能性とデザイン性を追求。骨をしならせながら深く張っていく仕立てにより覆うような形を実現し、雨からのカバーリングを安心感の高いものに仕上げ、畳んだ時にも細くまとまるスタイリッシュなデザインを実現した。傘のルーツとも言えるスタイルは原点に立ち返るだけでなくものづくりの更なる可能性をも予感される、一生ものの「前原傘」ならではの1本だという。



 また、生地は創業150年を超える老舗生地メーカー「槙田商店」による特注生地。防水・撥水加工に加えてUV加工も施し、サテン織りの光沢感が高級感のある表情をみせる。手元は一本一本職人より塗装され、楓材の素材感を残すべく淡く木目が浮き立つように仕上げながら劇中の傘の風合いを目指した。



 オンラインショップ「東京戯画ショップ」では発売に先立って、31日より先行予約を受付開始。同ショップで予約、購入いただくと特別に「お返しのどんぐり」(木工品)がプレゼントされる(数量限定)。本体価格2万7000円(税別)、重さ610グラム、開いた時の直径が約107センチ、畳んだ時の長さが約95センチ。
カテゴリ