文音、笑撃的なナンパ文句を振り返る 「天使が舞い降りてきたのかと思った」にびっくり

文音、笑撃的なナンパ文句を振り返る 「天使が舞い降りてきたのかと思った」にびっくり

 女優の文音、石田ニコル、真魚、永田琴監督が31日、都内で行われた映画『いけいけ!バカオンナ~我が道を行け~』の公開初日舞台あいさつに参加した。



【動画】文音、笑撃的なナンパ文句を振り返る 「天使が舞い降りてきたのかと思った」にびっくり



 鈴木由美子氏の同名漫画を実写化した同映画は、原作のバブル時代を現在に置き換え、恋愛・仕事・友情と山積みの問題を抱えるアラサー女子たちのリアルを描く。アパレルメーカーに勤める主人公・ユウコを文音、美人でスタイル抜群なセツコを石田、彼氏が変わるたびファッションも変わる依存型女子・エミを真魚が演じている。



 歌手・長渕剛、女優・志穂美悦子夫妻の長女である文音は、今作でコメディー作品に初挑戦。公開初日の舞台あいさつだったが、新型コロナウイルスの影響で無観客で開催された。文音は「本当だったら劇場で初日舞台あいさつをさせていただくところを違う場所になりました。劇場ではなく、一般の人も入れなかったけど、こうして形を変えてやれたということは、私は幸せに思っています」と感慨を語った。



 今作について「取材では『女性の取り扱い説明書として見てください』って言ってます」と明かしており、“ナンパOK”のシチュエーションを問わた文音は「32年間、生きてきた中で面白いナンパ文句はありました。『天使が舞い降りてきたのかと思った』がありました。ちょっとびっくりしましたね~」と苦笑い。石田は「すごい! ドラマみたい」と爆笑していた。その石田は「ナンパ以前の問題で、すごく人見知り。あだ名が『一蘭』なんです。人の目を見ることから」と言い切りながらも「面白かったらいいですね。あとはゲームと海が好きな方だったら目を見て話せると思います」と話していた。



 また、理想の初デートについて真魚は「今は映画館は1つ空けて座るからちょうどいいかも。シェアもしないし、初デートならいいかもですね」とにっこり。石田は「おじいちゃん、おばあちゃんがやってる老舗の焼き鳥屋さん。おしゃれなところだと緊張に緊張でしゃべれない」と理由を語りながらも「食べ方を見る。パスタをすする人がすごく嫌い。イタリアンに行こうってなったらパスタを食べるのを待ってます。焼き鳥は串から外さないでほしい」とNG行為を力説していた。

カテゴリ