あれ…惚れたかも♡美人じゃなくても「好き」になる瞬間

あれ…惚れたかも♡美人じゃなくても「好き」になる瞬間

美人じゃないけれどモテる女性っていますよね。


自分のルックスに自信が持てなくても、男性は顔やスタイル以外のところも重視しているんです。


そこで今回は、男性が相手を好きになる瞬間について聞いてみました。恋心の決め手は何か、一緒に見ていきましょう。



周囲に気配りができる


分け隔てなく色々な人に優しい人を見ると、心の綺麗さに惹かれるもの。


周囲への気配りは「皆で幸せになりたい」「他人の嬉しそうな様子が自分の喜び」といった他者貢献の意思の表れ。


また、誰かを自然と褒められるのは、相手に敬意や愛情を向けている証拠です。


困っている人をすかさず助ける姿を見れば、男性は思わず「なんていい子なんだ……!」とキュンとするでしょう。


どんなに美人な女性でも、思いやりに欠け、悪口や嫌味を言ってばかりだと相手にされません。


過剰に気を使ったり媚びたりする必要はありませんし、やりすぎるのもただのおせっかい。さりげない親切を心がけましょう。


頑張れば手に入りそうな距離感


男性が実際に「付き合いたい」と思うのは、高嶺の花よりも「頑張れば手に入りそう」な女性です。


好きな芸能人や憧れの的がいたとしても、現実世界は別。恋愛に進展するかどうかは「親しみ」や「隙」が決め手です。


「アプローチしたらOKしてくれそう」「自分を受け入れてくれそう」と感じられることで、「好きかも」と思うのだとか。


美人じゃないけどモテる女性を見ると、「笑顔」「ポジティブ」「甘え上手」などの愛嬌がある人ばかり。見た目から入っても最後は内面の相性で決めるものです。


彼が一緒にいて「楽しい」「安心する」と感じる言動を増やしましょう。


何を言っても受け入れてくれる


無条件で受け入れてくれる人と恋愛すると気楽です。


相手の機嫌をうかがったり、幻滅されないように言葉を選んだり……。好きな人とのこうしたやり取りは骨が折れるもの。


恋愛や人間関係で苦労した経験がある人ほど、「何を言っても受け入れてくれる女性」に魅力を感じます。


恋愛を心の拠り所にする人ほど、女性からの精神的支えを必要とするでしょう。


相手の価値観を受け入れることは大切ですが、全てを受け入れる必要はなく、「そうなんだ」「〇〇君はこう感じるんだね」といった相手目線の共感ができればOKです。


常に清潔感があって女性らしい


美人じゃないけどモテる女性は、いつ見てもセンスの良いファッション・メイクをしています。


派手な見た目ではないけど、ナチュラルながら洗練されている――。無理に頑張っている感じがないのに、相対的に華やかに見えるのです。


そして何より大切なのが清潔感といえます。


ムダ毛の処理、シワやヨレの無い服、体型にフィットした服、綺麗に整えられた髪や爪、白い歯、キメの細かい肌。


人は無意識にこうした細かいところを見て、印象を決めています。


頑張りすぎなくてもモテは手に入る


自分のルックスに自信が持てないと、頑張らないとモテないと思ってしまいがちですが、今回ご紹介した項目はどれも自然体の魅力です。


他人への気配りは、優しい自分を少しだけ好きになれますし、肯定的な発言は、周囲の信頼を得て居場所を与えてくれるでしょう。


そして見た目を整えると、可愛くなった自分にちょっとだけ自信が持てます。


モテるための行動は、きっと自分自身のためにもなるはずですよ。


(岡あい/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ