バカリズムの新作オリジナル脚本ドラマ、WOWOWで11月放送 井浦新と共演

バカリズムの新作オリジナル脚本ドラマ、WOWOWで11月放送 井浦新と共演

 ドラマ『素敵な選TAXI』、『住住』、そして第55回ギャラクシー賞・テレビ部門の奨励賞およびバカリズム個人の特別賞のほか、第36回向田邦子賞を受賞した『架空OL日記』など、脚本家としても多彩な作品を手がけるバカリズムのオリジナル脚本の新作、WOWOWオリジナルドラマ『殺意の道程(みちのり)』(全7話)が、11月9日よりWOWOWプライムで放送される(毎週月曜 深0:00、全7話)。



【写真】竹野内豊と久しぶりに再会したバカリズム



 復讐を目的に“初めての殺人”に挑む従兄弟同士という役で、バカリズムと井浦新がダブル主演かつテレビドラマ初共演。さらに『住住』、『架空OL日記』でバカリズムとタッグを組んだ住田崇監督が全7話の演出を務める。



 ある日、小さな段ボール加工会社の社長・窪田貴樹が自ら命を絶った。彼を自殺に追い込んだのは貴樹の会社が下請けをしていた取引先の社長・室岡義之。室岡の口車に乗せられた結果、貴樹は多額の負債を抱え、会社は倒産。全てを失い絶望した貴樹はビルの屋上から投身した。遺族たちの訴えも虚しく、一切罪を問われることなく、まるで他人事のようにその後ものうのうと裕福な生活を続ける室岡。



 貴樹の息子・窪田一馬(井浦新)は司法では裁かれない室岡への復讐を心に誓う。そして、貴樹が息子のように可愛がっていた一馬の従弟・吾妻満(バカリズム)と室岡殺人の完全犯罪を企てる。しかし、人を殺すにも準備は必要。これまで一度も犯罪に手を染めたことのない二人は、信頼する人たちの協力を得て悪戦苦闘しながら殺害方法を探っていく。「殺害計画の打合せ」から「必要な物資の買い出し」、「殺害実行のシミュレーション」など。果たして、一馬と満は復讐を成し遂げることができるのか――。



 脚本・主演のバカリズムは「普通のサスペンスドラマでは省略されるような部分を、細かく描いたら意外と面白いんじゃないかと思って書いてみました」とコメント。さらに初共演の井浦の配役は「企画書の段階で一馬役は井浦さんにやっていただきたいと思っていて、正式に決定する前から勝手に当て書きで脚本を書いていたので、引き受けていただいてほっとしています。井浦さんとは年齢も近いので、空き時間に漫画やテレビの話をしたり、とても楽しく撮影しています」と話している。



 一方、井浦は「タイトルの『殺意の道程』から重々しい印象を受けて、1ページ1ページ息をのみながら読み進めていくと、次第にこの会話劇はどこに向かっていくのだろうと。最後までひたすら楽しんで読ませていただきました」と、バカリズムの脚本を絶賛。



 共演者としても「一馬と満は親戚で仲が良いけれど、ほどよい距離があります。読み合わせでも二人の呼吸やリズムを確かめられましたが、その感覚を今回の芝居場でより感じました。テストで二人の芝居を見た住田監督から『もっとシリアスにやってみましょう』という演出をしていただいて以降、お互いのピースがはまったような気がしています。基本ベースにシリアスさがありながら、二人がどんどんズレていって、どこまでも転がっていきます。満を演じるバカリズムさんのぶれない独特なテンポを一馬として、どう受け止めてキャッチボールしていくかを楽しみながら演じています」と、話している。



 2人から視聴者へのメッセージは次のとおり。



 「一応、サスペンスコメディとは言っていますが、多分あまり見たことがないタイプの変なドラマになっていると思います。面白いので、必ず最終話まで観てください」(バカリズム)。



 「シリアスな復讐劇が根底にあって、そこにあるメッセージ性をバカリズムさんの世界観やユーモアで包み込んでいます。観てくださる方たちには、どこに向かっていくのか分からないバカバカしさが面白さとなって伝われば良いなと思っています。生きる喜びや目的をどこかに置き忘れてしまった男たちが、復讐を通して知らず知らずのうちに少しずつ『人生のきらめき』を取り戻していく物語でもあります。最後まで観終わった後に、登場人物から「小さな喜びや希望」を感じ取っていただける作品になれたならと思います」(井浦新)
カテゴリ