美 少年主演ドラマ『真夏の少年』初回視聴率 個人2.5%、世帯5.0%

美 少年主演ドラマ『真夏の少年』初回視聴率 個人2.5%、世帯5.0%

 ジャニーズJr.・美 少年が主演するテレビ朝日系金曜ナイトドラマ『真夏の少年~19452020』(毎週土曜 後11:15~深0:15※一部地域で放送時間が異なる)が7月31日にスタート。初回の視聴率は個人2.5%、世帯5.0%だった(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)。



【写真】博多華丸が演じる三平三平



 同ドラマは、主演として美 少年のメンバー全員がクレジットされた初めての連続ドラマ。“日本一雷が落ちる町”富室町(とみむろちょう)に暮らす高校生たちが、戦時下からタイムスリップしてきた軍人と出会ったことで始まるひと夏の成長を描く。



 美 少年のメンバーは、全員同じ高校の2年B組のクラスメイト――密かに「見掛け倒しトリオ」と呼ばれているダサめのヤンキー、風間竜二(岩崎大昇※崎はたつさき)、瀬名悟(佐藤龍我) 、春日篤(浮所飛貴)。優等生の生徒会長、柴山道史(那須雄登)。町の有力者を母に持つリッチな双子、山田明彦(藤井直樹)、山田和彦(金指一世)――をそれぞれ演じる。



 第1話では、2年B組の生徒・財前康隆(林蓮音)が飛び降り自殺を図り、その原因が悟のカツアゲによるものだとされ、無期停学の処分が下されてしまうことからスタート。「悟は誰かに罪をなすりつけられているんじゃないか…」、そう考えた竜二と篤は真犯人探しをしようと、悟を呼び出し、秘密基地に集合する。その時、突然の大きな揺れと激しい雷鳴がして…。



 次の瞬間、彼らの目に飛び込んできたのはリュックを背負い、薄汚れた軍服を着て銃剣を構えた男。やがて、三平三平(読み:みひら・さんぺい/博多華丸) と名乗るその男は、終戦間際の大宮島(現在のグアム島) から“タイムスリップ”してきたという結論にいたる。三平に令和2年の街並みを見せてあげようと街に繰り出した3人は、これまでに感じたことのなかった楽しさや充実感を覚える、という展開だった。
カテゴリ