槇原敬之被告に執行猶予判決 薬物所持への抵抗感乏しく「非難は免れない」

槇原敬之被告に執行猶予判決 薬物所持への抵抗感乏しく「非難は免れない」

 覚せい剤取締法違反などの罪で起訴されたシンガー・ソングライターの槇原敬之被告(51)の判決公判が3日、東京地裁で開かれた。坂田正史裁判官は、槇原被告に懲役2年、執行猶予3年(求刑懲役2年)の判決を言い渡した。



【写真】深々と頭を下げる槇原敬之被告



 この日の槇原被告は、短髪で刈り上げ、服装は紺色のスーツを身にまとい出廷した。



 坂田裁判官は、槇原被告に対し使用する目的ではないが、薬物を所持する抵抗感の乏しさを指摘し、「非難は免れない」とした。また前科はあるが、期間が空いているため「懲役2年が妥当」と述べた。



 槇原被告は判決言い渡しの間、前に手を組んで耳を傾けていた。判決の言い渡しが終わると、「ありがとうございました」と一礼し、退廷した。



 起訴状によると、東京都港区のマンションで2018年3~4月、危険ドラッグのラッシュ約64.2ミリリットルと、覚せい剤約0.083グラムを所持。今年2月には、東京都渋谷区の自宅でもラッシュ約3.5ミリリットルを所持したとされる。



 槇原被告は今年2月13日、危険ドラッグや覚せい剤を所持していたとして警視庁に逮捕、翌14日朝に送検された。3月、保釈保証金500万円を納付し、保釈された。当初、初公判は6月17日に予定されていたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により延期になっていた。1999年8月にも同じ覚せい剤取締法違反の疑いで現行犯逮捕され、懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を受けている。



 この日の公判は、29席の一般傍聴席に対し、204人が傍聴券を求め列を作った。倍率は約7倍だった。
カテゴリ