意外?脈アリなのに告白してこない男性の本心

以前も実はこのテーマでコラムを書いており、その際は「本命の彼女がいるから」とか、「告白して気まずくなるのがイヤだから」と言った理由から告白をなかなかしないとお伝えしました。


しかし、さらに別の「男性特有の理由」があるだろうと感じので、今回はそのへんのことを書いてみたいと思います。



男性は多くの「恥ずかしいという気持ち」を抱えている


男性は多くの「恥ずかしいという気持ち」を抱えているいるものでしょう。


というのも、ある女性のことを好きになったら、男性は恥ずかしさに心が支配されていき、「好き」とか「つきあってほしい」という言葉が出てこなくなってしまうとか。


そのため、「理由があって告白を先延ばしにする」というよりは、このように単純に「恥ずかしくて告白ができない」というケースも考えられます。


女性が持つ恥じらいと男性の持つ恥じらいとはまったく別物


先日、男女合わせて30名くらいの人が、人前でプレゼンテーションをするイベントに参加してきました。


それを見ていて感じたのは、女性は、若かろうと若くなかろうと、みなさん「それなりにうまくやっていた」ということです。


もちろん恥ずかしそうに喋る人もいましたが、女性は全員、「最後まできちんとやる」。


対して男性は……恥ずかしさのあまり気が動転したのか、プレゼンの準備をしてきているにもかかわらず、急に「あ、もういいです。今日はプレゼンしません」と言ったのが1人。


プレゼンの途中から緊張のあまり、自分がなにを喋っているのかわからなくなって、「終わります」と言って壇を降りたのが3人。


……女性が持つ恥じらいと、男性が持つ恥じらいは、まったく種類が違うのかもしれません。


女性は恥ずかしくても「ちゃんとやる」。


でも男性が持つ恥ずかしさは、ときに男性を狂わせる。


ゆえに男女の「恥ずかしさ」というのは、「恥ずかしさを感じた後に引き起こされる行動」に相違があるようです。


結局どうすればいいの?


脈アリなのに告白してこない男性の本心が、恥ずかしさに足をとられて、手も足も出ない……というものの場合もあるようです。


なので、恥ずかしさでいっぱいの彼に対しては、ノリよく接してあげて、たまにはちょっと好意をチラつかせながら、彼が恥ずかしさを吹っ飛ばせるお手伝いをしてあげるのが1番でしょう。


「もどかしい!」と感じてしまうかもしれませんが、あなたの明るさで背中を押してあげられると、彼も勇気を出せるかもしれませんね。


(ひとみしょう/文筆家)


(愛カツ編集部)



カテゴリ