漫画『チェンソーマン』累計300万部突破、作者喜び ジャンプの話題作で重版続く

漫画『チェンソーマン』累計300万部突破、作者喜び ジャンプの話題作で重版続く

 『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載中の漫画『チェンソーマン』のコミックス第8巻が4日発売された。7月下旬の重版とあわせて、累計発行部数が300万部を突破したことが、集英社より発表された。



【画像】作者がポチタ描き下ろし!喜びコメント付きイラスト



 3日発売の同誌35号では、『チェンソーマン』がセンターカラー扉付きで掲載されており、そのカラー扉と最新8巻の帯では、累計発行部数が270万部を突破したと発表されているが、集英社は「7月下旬の重版により、累計発行部数は300万部を突破した」と説明した。



 累計発行部数300万部突破に作者・藤本タツキ氏は「この300万部突破は読んでくれている皆様のおかげです! ありがとうございます」と感謝。「チェンソーマンは『邪悪なフリクリ』『ポップなアバラ』を目指して描いています! ほかにも、とにかく自分の好きな作品を詰め込んでできているのでそれが伝わってくれているのならうれしいです! これからも好きを詰め込んで描いていきます! よろしくお願いします!」と喜びのコメント付きイラストを寄せた。



 担当編集の林士平氏は「『チェンソーマン』累計発行部数300万部の大台に乗りました。最新コミックス8巻の帯と、『週刊少年ジャンプ』35号のセンターカラー校了時(7月上旬)では、270万部ほどだったのですが、デジタルコミックスの伸びと、紙の重版出来が続き、早くも累計で300万部突破いたしました! 最速で皆様とこのうれしいニュースを共有したいと思い、急遽発表させていただきました!」と経緯を明かした。



 2018年12月より連載がスタートした同作は、悪魔のポチタとともにデビルハンターとして、借金取りにこき使われる超貧乏な少年・デンジが、あることをきっかけに、悪魔をその身に宿して、悪魔を狩るダークヒーローアクション。唐突に明かされる謎や衝撃の展開が話題を呼び、『ジャンプ』が発売される度に、最新話の内容がツイッターでトレンド入りする人気作品で、「みんなが選ぶTSUTAYAコミック大賞2019」9位、「第5回次にくるマンガ大賞」コミックス部門2位、「このマンガがすごい!2020」オトコ編4位にランクインしている。
カテゴリ