島崎遥香、高校時代は「ギャルが守ってくれた」 秋元康氏との会食時の秘話「スプーンに映る自分の顔を…」

島崎遥香、高校時代は「ギャルが守ってくれた」 秋元康氏との会食時の秘話「スプーンに映る自分の顔を…」

 女優の島崎遥香が、4日放送の日本テレビ系バラエティー番組『踊る!さんま御殿!!』(後7:56)に出演。「社交的な有名人VS人見知り有名人」と題した企画で、人見知りエピソードを披露する。



【写真】パジャマ姿で配信も!? ゆるゆるモードのぱるる



 高校時代すでにAKB48の活動をしていた島崎は「ギャルが守ってくれた」と告白すると、ゆきぽよも「ギャルはそういう習性がある」と力説。大人になっても人見知りな島崎は、秋元康プロデューサーら大人たちとの会食で何もしゃべれず「スプーンに映る自分の顔を眺めていた」というエピソードを打ち明ける。さらにはファンの中にも人見知りがいるということで、せっかくの握手会で謎の時間を過ごした体験を本人も苦笑しながら明かす。



 逆に社交的な元テレビ東京アナウンサー鷲見玲奈は、入社したばかりの頃、飲み会を断ってはいけないと思い、すべての誘いに応じたため「20代前半で肝臓を壊した」と告白。なかなか飲み会を断れない局アナならではの事情も明かす。
カテゴリ