手越祐也、収入問われ苦笑い フォトエッセイは「暴露本じゃない」

手越祐也、収入問われ苦笑い フォトエッセイは「暴露本じゃない」

 6月にジャニーズ事務所を退所した手越祐也(32)が5日、都内でこの日発売の自身初のフォトエッセイ『AVALANCHE』(双葉社、税抜1600円)の出版記念会見を行った。



【動画】手越祐也、元TOKIO・山口達也さんと“村おこし”計画 『手越村』構想プラン明かす



 退所後に行った会見から1ヶ月半が経過したが「充実した1ヶ月半。はるか昔のようなスピード感で動いていた」としみじみ。「真実ではない情報を残したまま次のステップに行っていいのか」という思いから本の出版を計画したという。「間違いなく賛より否が来る。間違いなく総バッシングが来る」と口にした上で「独立して、ちゃんと自分の口から真実を伝えたい」と覚悟を語った。



 会見は“NGなし”で行われ、報道陣から収入を問う質問が。「リアルなんですけど、会社の口座ができていないんですよ。会社の登記は1週間前にできました。銀行口座は時間がかかるみたいで…」と前置きし、「1円ももらってないです」と苦笑いだった。



 同書は多くの芸能人が実名で登場している。刺激的な見出しが並ぶが「暴露本じゃない」ときっぱり。恋人だった人は名前を出していないと宣言し、週刊誌などで“密会”と報じられた相手との関係は友人だったことを明かす。



 そして「(週刊誌報道は)真実じゃない内容が多い。それを全部、ただしたい。0歳から32歳の手越祐也は、こういう人生を歩んでいたんだと理解してもらって次に進みたい」と吐露。「この本は『無料で出しますか?』と言われても出してます。今までの人生にケリをつける。そこをリスペクトしつつ、どん底の手越祐也の決意表明。お金のためと思われるが1番、悔しいですね」と口にした。



 フォトエッセイはジャニーズ事務所への感謝にはじまり、ファンへ向けた愛の「直筆メッセージ」、NEWSメンバーとの絆、テゴマスや『イッテQ!』秘話など、手越が今、本当に伝えたかった思いをつづった内容が収録された。



 大恩人や戦友、先輩、後輩たちとの泣き笑いエピソードも満載で、トップアイドルとして駆け抜けた“ジャニーズ時代”の18年間を総括。さらに、初恋や芸能人との恋、結婚にはじまり、歌への思い、ソロライブ、世界進出の夢まで赤裸々につづられている。



 初版は5万部となっている。
カテゴリ