花江夏樹「死ななくてよかったな」 劇場版『鬼滅の刃』アフレコ現場で感情爆発

花江夏樹「死ななくてよかったな」 劇場版『鬼滅の刃』アフレコ現場で感情爆発

 人気アニメ『鬼滅の刃』の映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が、10月16日に公開される。先日、本予告映像も解禁となり、公式サイトではキャストからのコメントも掲載されている。



【動画】主題歌はもちろんLiSA!解禁された劇場版『鬼滅の刃』本予告



 主人公・竈門炭治郎役の花江夏樹は「『無限列車編』は原作を読んでいた時から、早く演じたいと思うシーンがたくさんあったので、今回劇場版として演じることができてとてもうれしいです」と喜び。



 アフレコ現場では「出演者みんなの気持ちと気持ちがぶつかる熱い空間で僕もアフレコが終わった後『死ななくてよかったな』と本気で思ったくらい燃え尽きるほどに叫びましたし、いろいろな感情を爆発させる収録でした」と振り返った。



 最後に「ufotableさんが作る素敵な映像とすてきな音楽が一緒になって本当にすばらしい作品になっているかと思います。僕もいちファンとして早く劇場で観たいと思っています。皆さんも楽しみに待っていてください!」と呼びかけた。



 『鬼滅の刃』は、2016年2月から20年5月まで『週刊少年ジャンプ』で連載していた同名漫画が原作。大正時代の人喰い鬼の棲む世界が舞台で、主人公の少年・炭治郎は、人喰い鬼に家族を惨殺されたことで生活が一変し、唯一生き残ったが鬼になってしまった妹の禰豆子を人間に戻すため、家族を殺した鬼を討つために旅をするストーリー。



 コミックスは現在シリーズ累計8000万部を突破する人気作品で、昨年4月から9月にテレビアニメ(全26話)が放送されると、人と鬼との切ない物語に躍動感あふれる映像などが人気を博し社会現象化した。



 テレビアニメの続編で最終話からつながる今回の劇場版は、鬼が乗っ取った“無限列車”を舞台に、炭治郎と炎柱・煉獄杏寿郎らが鬼と戦うストーリーが展開。炭治郎たちが任された新しい任務は、煉獄とともに短期間のうちに40名以上の行方不明者を出しているという“無限列車”を捜索する。

カテゴリ