新しい地図&日本財団の基金、支援第4&5弾決定 看護職員派遣支援やドクターカーの整備

新しい地図&日本財団の基金、支援第4&5弾決定 看護職員派遣支援やドクターカーの整備

 俳優の稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾による「新しい地図」と日本財団による基金『LOVE POCKET FUND』(愛のポケット基金)が5日、支援策の第4弾・第5弾の詳細を発表した。



【写真】「まだあどけない…」稲垣カメラマンが撮影した、少年時代の香取慎吾



 第4弾の支援先は、公益社団法人 東京都看護協会。新型コロナウイルス感染症対応における第2波への備えとして、地域の医療崩壊を防ぎ、医療提供体制を確保するため、緊急措置として看護職員派遣を実施する場合、緊急時(クラスター発生など)に派遣される看護職員(災害支援ナース)に対して「特殊看護派遣手当」を支給する。支援額は488万円。



 第5弾は、新型コロナウイルス感染症と複合災害に備えた救急医療施設への緊急支援として、学校法人日本医科大学(支援額:1337万円)、国立大学法人東京医科歯科大学(支援額:1338万円)、独立行政法人労働者健康安全機構 横浜労災病院(支援額:2294万円)の3医院へ、ドクターカー等の整備を支援する。



 同基金は「新しい地図」が始まって2年となった昨年、「どんな時でも応援していただいている皆さん(NAKAMA)の支えにより現在の自分たちが存在している、この感謝の気持ちを何かの形にしたい」という彼らの申し出に日本財団が応え、協力が決定。「新しい地図」も3000万円を寄付した。先月17日には支援者の名前も公表され、元SMAPのタレント・中居正広も同基金に寄付していることが明らかになった。
カテゴリ