『ダイの大冒険』キービジュアル解禁 ブラス役を緒方賢一、ゴメちゃん役を降幡愛

『ダイの大冒険』キービジュアル解禁 ブラス役を緒方賢一、ゴメちゃん役を降幡愛

 28年ぶりに完全新作アニメで10月から放送される『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』のキービジュアルが5日、公開された。あわせて追加キャストも発表され、ブラス役を緒方賢一、ゴメちゃん役を降幡愛が担当する。



【画像】ブラス&ゴメちゃんのビジュアル解禁!CVは緒方賢一&降幡愛



 キービジュアルの中央には、勇ましくアバンストラッシュの構えをとるダイが描かれており、その額には光る紋章が…。そして、周囲にはダイとともに魔王軍に立ち向かう仲間のポップとマァム、彼らの勇姿を見守るかのようなアバン、魔王ハドラーと魔王軍軍団長たちの姿などが描かれている。



 出演が決まった、『名探偵コナン』阿笠博士役などで知られるブラス役の緒方は「すてきな作品に参加できることを、大変うれしく思いました。と同時に、責任の重さを痛感してます。ダイ少年との出会いが、私に新たな試練を与えてくれています。立派な大人に育てなければと思う一方、ダイの思いも叶えてあげたい。ダイ少年が正義のために、たくさんの宿敵と戦う面白さと、それによって成長していくプロセスを楽しんでいただければと思います」と心境を語った。



 『ラブライブ!サンシャイン』黒澤ルビィ役などで知られる降幡は「ゴメちゃんを演じられる幸せをいつも噛み締めています。全身全霊でダイを支える可愛らしいパートナーとして、皆様から愛してもらえるように頑張ります!! そしてダイやゴメちゃんたち、彼らの『生きる』パワーを精一杯届けたいと思います。『ピィィィ!!』(※がんばるぞぉ!!)」と意気込んだ。



 『ダイの大冒険』は、1989年から96年まで『週刊少年ジャンプ』で連載していた人気漫画が原作。魔法が苦手だが勇者に憧れている主人公・少年のダイが、ある日、島を訪れた“勇者育成の家庭教師”アバンに才能を認められ、勇者になる特訓をする。そして、秘められた力を開花させ、アバンの弟子・ポップ、マァムら仲間とともに復活した魔王を倒し平和を取り戻すべく旅に出る冒険活劇。



 人気ゲーム『ドラゴンクエスト』シリーズの世界観・設定を基にしたゲーム作品シリーズと繋がりのない完全オリジナルの世界観で、『ドラクエ』シリーズの生みの親・堀井雄二氏が漫画の監修を担当。テレビアニメがTBSにて91年10月から92年9月まで放送され、原作漫画同様の激しいアクションシーンが人気を博し、91年、92年(3月、7月)に映画化。約28年ぶりのアニメ化となる今作は、CGとアニメ作画のハイブリッドで表現し、東映アニメーションが制作する。



 すでに決まっているほかのキャストは、主人公・ダイ役を種崎敦美、ポップ役を豊永利行、マァム役を小松未可子、レオナ役を早見沙織、アバン役を櫻井孝宏、ヒュンケル役を梶裕貴が務める。
カテゴリ