「え、それ自分で染めたの?」世界にたった一つの手作りタイダイTシャツを自分で作っちゃう人続出中です◎


一年中重宝するTシャツですが、夏になるとロックTや、カレッジT、タイダイTなどキャッチーなものが気になりますよね。



その中のひとつ、「タイダイTシャツ」を作る人が最近急激に増えているんです!今回はそんな「タイダイ染め」についてご紹介していきます。



「タイダイ染め」って?





@____619____ / Instagram



「タイダイ」とは、Tie(縛る)Dye(染める)という意味で、縛り方によってさまざまな模様が生まれる染め物です。



タイダイ染めに必要な材料(染料以外)は、輪ゴム、バケツ、ゴム手袋、ドレッシングボトルなど100均で購入できるものばかりなので、揃えるのも簡単なんです♩



自分だけのオリジナルが嬉しい





@saaya.kouzawa / Instagram



お家でタイダイTシャツを作る魅力は“世界にひとつ”なところ。



自分だけのオリジナルは、愛着があって見ているだけで嬉しくなりますよね♩



ブリーチ剤を駆使する人も…





@tsu_hair / Instagram



こちらはタイダイ染めならぬ、「ブリーチTシャツ」。ブリーチ剤を使ってまだらに色を抜くことで、おしゃれなTシャツが完成するんです。



汚れてしまったTシャツをこのようにブリーチする人も多いんだそう。ブリーチすることで汚れが目立たなくなり、全く異なる雰囲気のTシャツに早変わり。



また、タイダイ染めはアクリル絵の具でも可能なので、家にあるものをうまく使ってチャレンジできそうですね!



おしゃれな雰囲気は保証済み





@tsu_hair / Instagram



なかなか見ない柄のTシャツは周りと差別化できること間違いなし。自分でタイダイ染め or ブリーチTシャツを作ったら、裾を切ったり袖を折ったりして、着方やアレンジにもこだわってみてくださいね♩



サーマルでもできちゃう





@chizuru_tomitaka / Instagram



はじめてのタイダイ染めだったら無難なTシャツがおすすめですが、慣れてきたらサーマルでやってみるのもありです◎



サーマル独特の質感と、タイダイが相まってとってもかわいい…♡



自分のオリジナルで染め上げろ!



今回は、「タイダイTシャツ」についてご紹介しました。以前よりもエシカルな考えが一般的になり、このようにTシャツをアレンジする人が増えていると思うと素敵ですよね!



ぜひ、自分だけのTシャツを作ってみてはいかが?





カテゴリ