『東京国際映画祭』予定通り10・31開幕 映画館での上映が基本に

『東京国際映画祭』予定通り10・31開幕 映画館での上映が基本に

 アジア最大級の映画祭のひとつ『第33回東京国際映画祭』(TIFF)が、10月31日から11月9日までの日程で予定通り開催されることが6日、発表された。



【写真】昨年は…トップバッターとしてレッドカーペットに登場した広瀬アリス



 新型コロナウイルスの影響で、世界中の映画祭が中止や延期となっている中、TIFFとしては「映画を観る喜びを再認識し、映画の未来への希望の光を灯す」「映画を通じて国際的な連帯を強める」「コロナ後の映像文化についての考察を深める」を目的に、映画館での上映を基本とする。一方、シンポジウムやゲストトークなどでは、オンラインも活用していくという。



 ただ、国際的移動の困難や感染対策の徹底など、例年と同じように開催するのは難しいと判断。昨年まで実施していた「インターナショナルコンペティション」、アジアの新鋭監督を集めた「アジアの未来」、日本映画の気鋭作品をそろえた「日本映画スプラッシュ」の3部門をひとつの部門に統合。「TOKYOプレミア2020」とし、さまざまな賞を競うのではなく、全作品を対象に観客が投票する「観客賞」を新設する。



 また、今後の新型コロナウイルスの状況によっては、本映画祭の開催可否も含めて影響を受ける可能性があるとしている。開催会場はTOHOシネマズ 六本木ヒルズ、EXシアター六本木など。
カテゴリ