中島裕翔&佐藤勝利、『でんじろうのTHE実験』初登場 キンプリ岸「これがジャニーズだ!」

中島裕翔&佐藤勝利、『でんじろうのTHE実験』初登場 キンプリ岸「これがジャニーズだ!」

 人気グループ・Hey! Say! JUMP中島裕翔、Sexy Zone佐藤勝利が、7日放送のフジテレビ系バラエティー『でんじろうのTHE実験SP』(後8:00)に初登場。番組おなじみのKing & Prince岸優太らと共に、でんじろう先生とガチンコクイズ対決を実施する。岸が中島、佐藤をリードしていくことを期待するMCのオードリー・若林正恭らだったが、ひとりピンチに追い込まれてしまう。しかし、番組後半、岸が「これがジャニーズだ!」と豪語するまさかの大逆転劇が待ち受ける。



King & Prince・岸優太のTV出演情報



 米村でんじろう先生指導のもと、芸能人たちの身体を張った『検証実験VTR』に加え、スタジオでは、オードリーの若林正恭が番組を進行、春日俊彰はゲストと共にでんじろう先生が考案したパワーアップ実験に挑戦する同番組。



 中島と佐藤は、身近な“あるモノ”が制作される過程の映像を見て何を作っているかを早押しで解答する企画「作り方を見ればあの仕組みがわかる!クイズ○○の作り方」に挑戦。若林から「(でんじろう先生に)勝つ自信は?」と尋ねられた佐藤は「たぶん勝ちますよ!」と自信たっぷり。「中学生の頃、ジャニーズに入るか、自動車会社を作るかを悩むくらい、テクノロジーに興味がありました」と明かし、でんじろう先生は「あとで吠え面かきますよ」と闘争心に火をつける。



 一方、若林が岸の先輩である中島、ジャニーズ事務所への入所が1年違いの佐藤に「この番組の岸くんはどうですか?」と質問。中島は事務所の先輩ならではのアドバイスを送るが、心配そうな表情を浮かべる岸。そして、佐藤は「入所が岸くんのほうが早いので、最初は敬語を使っていたんですけど今はタメ口で…」と先輩後輩の関係を超えて“親友”という間柄になった理由を明かすと、スタジオは笑いに包まれるが、岸は苦笑い。その理由とは?



 今回、制作過程映像が4分の3以上進んでも一向に正解者が現れない、超難問が出題。いよいよ製品の全貌が明らかになろうとしているタイミングで、若林が「ここからは早い者勝ちですよ~!」とあおると、解答者たちが一層集中して画面を食い入るように見つめる。そんな緊張感漂うなか、でんじろう先生と中島がまさかの大暴走!? 初共演の中島とでんじろう先生が化学反応さながらのシンクロをみせ、予測不可能な展開となる。



 さらに、岸はお笑い第7世代・ぺこぱと視聴者の疑問を解決していくコーナーにも挑戦。岸はぺこぱとともに「卵を1万回振ったら、殻の中でシェイクされて溶き卵になるのでしょうか?」という視聴者の疑問に答える。冒頭、シュウペイが「King & Princeのシュウペイです」とあいさつすると、岸はシュウペイおなじみのあいさつでお返し。また、シュウペイが「振ると温度が上がるので、最終的にはひよこになる」と予想すると、松陰寺太勇が「ファンタジー!」、岸が「すてきですね!」と盛り上がる。その様子をスタジオで見ていた若槻千夏は「この3人楽しい!」と笑うが、若林は「誰もつっこまないのかよ! 全員やばいな!」と漏らす。



 そんな息がピッタリの3人は、卵のほかに、マグロ、マカデミアナッツも振ってみることに。手首に計測器を装着して実験スタート。和やかなムードで実験を行う様子を見ていたでんじろう先生は、「岸くんがぺこぱと遊びながらやっていたので、変わりません」と“愛弟子”にピシャリ。果たして、1時間近くかけて振り続けた結果は…。



 ほかにも、身近なアイテムが最先端の科学によってどのような進化を遂げているのか、その限界を検証していく。今回は、常に最先端のネタを提供し続けるチョコレートプラネットが、どの家にもあるであろう網戸の最先端に迫る。この時期、網戸を使用する機会も多いが、防犯性の低さを懸念する人も多いはず。そんな心配無用、常識を覆す最先端の“絶対に破れない網戸”が登場する。そんな最新網戸がどこまで耐えられるのかを、チョコレートプラネットが体を張って検証する。
カテゴリ