『半妖の夜叉姫』犬夜叉キャラの子が続々 弥勒と珊瑚の息子も登場

『半妖の夜叉姫』犬夜叉キャラの子が続々 弥勒と珊瑚の息子も登場

 人気漫画『犬夜叉』の続編となるテレビアニメ『半妖の夜叉姫』が、10月3日午後5時30分より読売テレビ・日本テレビ系で放送されることが決定した。あわせて初解禁となるPVやメインキャスト、キャラクターのカラー画像なども公開。『犬夜叉』の登場キャラクターである殺生丸と犬夜叉の娘たちをメインにしたオリジナルストーリーだが、弥勒と珊瑚の息子・翡翠(ひすい)が登場することが明かされた。



【画像30枚】顔は父親似?武器「飛来骨」を使うイケメン息子・翡翠



 『半妖の夜叉姫』は、殺生丸、犬夜叉の娘たちの物語。殺生丸の娘で令和の時代に生きる14歳の女子中学生・とわ、妖怪退治をなりわいにしているとわの双子の妹・せつな、妖怪退治をしては退治した獲物(妖怪の首や牙や身体)を取引している賞金稼ぎで、かごめと犬夜叉の娘・もろは、“妖怪と人間の血を引く半妖の少女たち”の姿が描かれる。



 今回、キャラクター設定画が公開されると、『犬夜叉』に登場した弥勒と珊瑚の息子・翡翠が登場することが明らかに。妖怪退治屋の一員として、せつなやとわ達と連係し、珊瑚が使っていた飛来骨の使い手と紹介された。



 また、珊瑚の弟で翡翠の叔父である琥珀(こはく)も登場し、妖怪退治屋のお頭で、せつなを妖怪退治屋に迎え入れた設定になっている。なお、珊瑚は弥勒との間に翡翠のほか、双子の姉妹も生んだ設定だが、姉妹が登場するかは今のところ不明。



 殺生丸の双子の娘・日暮とわ役を松本沙羅、せつな役を小松未可子、犬夜叉の娘・もろは役を田所あずさが担当する。
カテゴリ