小松未可子、中二病の原点は犬夜叉「風の傷を開いた」 殺生丸の娘役を担当

小松未可子、中二病の原点は犬夜叉「風の傷を開いた」 殺生丸の娘役を担当

 声優の小松未可子が、人気漫画『犬夜叉』の続編となるテレビアニメ『半妖の夜叉姫』(読売テレビ・日本テレビ系 10月3日後5:30~)に出演することが決定した。殺生丸の双子の娘の1人・せつな役を担当する。



【動画】面影ある?殺生丸、犬夜叉の娘が躍動!ついにあのキャラも



 『半妖の夜叉姫』は、『犬夜叉』の登場キャラクターである殺生丸と犬夜叉の娘たちをメインにしたオリジナルストーリー。殺生丸の娘で令和の時代に生きる14歳の女子中学生・とわ、妖怪退治をなりわいにしているとわの双子の妹・せつな、妖怪退治をしては退治した獲物(妖怪の首や牙や身体)を取引している賞金稼ぎで、かごめと犬夜叉の娘・もろは、“妖怪と人間の血を引く半妖の少女たち”の物語が展開される。



 出演が決まり、小松は「私の中二病という名の風の傷を開いたのは、紛れもなく犬夜叉でした。オーディションを受けられるだけでも光栄で、記念受験のつもりで、でも想いは全力で! と改めて全巻読み直し、500年の時を経て臨んで参りました」と『犬夜叉』ファンと告白。



 続けて「「殺生丸の娘。驚きと謎。その血を継ぐもの。その架け橋となるべく新しい時代に繋げていけたらと思っています!」と意気込んでいる。



 そのほかのキャストは、殺生丸の双子の娘・日暮とわ役を松本沙羅、犬夜叉の娘・もろは役を田所あずさが担当。あわせてPVやキャラクターのカラー設定画などが公開された。
カテゴリ