千葉雄大&門脇麦、ドラマと素のトークで世界の「本屋」を紹介

千葉雄大&門脇麦、ドラマと素のトークで世界の「本屋」を紹介

 おこもり生活で、あらためてその魅力が見直された「読書」。本と本屋の魅力を再発見するドラマと紀行をあわせた番組『夢の本屋をめぐる冒険』が、NHK総合で18日・19日(両日とも後10:45~11:15)に放送される。案内人として出演するのは、千葉雄大と門脇麦。2人は、街の小さな本屋で働く「バイトさん」と「店長」を演じる。



【写真】注目の若手俳優、青木柚も出演



 潰れそうな書店の再生策をめぐって、二人は丁々発止のやりとりを繰り広げるが…、というユーモアあふれるドラマを縦軸に、世界の「夢のように素敵な本屋」を探訪。取り上げるのは、世界中の読書家や作家たちを魅了するパリの由緒ある書店「シェイクスピア・アンド・カンパニー」(18日)。そして、世界で最も美しい書店にも選ばれた中国の「先鋒書店」(19日)。「本が大好き」という千葉と門脇による、素のトークも楽しめる演出も見どころ。



 千葉は「ドラマパートでは役者として芝居をして、VTRを見てのトークパートは素の自分として出演して楽しかったですね。登場した本屋さんに行くためだけにその街に旅行したくなるくらい全部の本屋さんが素敵でした! 視聴者のみなさんにも『改めて街の本屋って素敵だな。大事にしたいな』って思ってもらえたらうれしいですね」。



 門脇は「世界の本屋さんを巡る番組! なんて素敵な企画!! 本もネットですぐに買えてしまう時代ですが、本屋さんに行かないと過ごせない時間、出会えない作品がたくさんあるということを改めて考え直す良い時間になりました。明日本屋さん行こう! そんな風に思っていただける番組になっていますように」と、それぞれコメントを寄せている。



■ストーリー

 ここは、めったにお客の訪れない、小さな街の本屋さん。今日もバイトさん(千葉)と店長(門脇)が、店の方針をめぐってひと悶着。ジャンルも年代も言語もばらばらな個性的すぎるラインナップは、ちょっぴり偏った嗜好を持つ店長が選んだもの。そんな店長の暴走に巻き込まれながらも、しっかりとお店を支えるバイトさん。2人は、お店の再建に頭を悩ませるが、そんなさなかに見つけたのは、店長の亡きおばあちゃん(大方斐紗子)が残した「夢の本屋」についての記録。そこには、海外の魅力的なお店について紹介されていて…。果たして、2人が見つけた答えとは!?
カテゴリ