男性が「鬱陶しい」と感じた時におくるサイン

男性が「鬱陶しい」と感じた時におくるサイン

彼がすぐにスキンシップをしてくるから、ふたりはいい感じ!


なんて思って安心していると、実はそれが「鬱陶しい」と感じた時のサインだったとしたら?


彼女に鬱陶しいと感じた時におくる彼のサインを知って、「こいつ、めんどくさいな」と思われないように気をつけましょう!



とりあえずチュー


よく分からないけれど彼女がイライラ。


それを止めるために「とりあえずスキンシップ作戦」をとる男性がいます。


イライラしていた女性も、突然チューをされるとドキッとして、心が柔らかくなることも多いもの。


彼はそれを狙っているんですよね。


あまりにそういうことが続くと、「またよく分からないこと言ってるから、とりあえずチュウしておくか」と、なかばスイッチが入ったようにスキンシップをするようになる場合もあります。


それでは、かなしいですよね。


彼が「とりあえずスキンシップ作戦」をしだしたら、その前に言っていたことややっていた行動が彼にとって面倒なことだった可能性も……


あまり続くようなら話し合って、根本的な問題を解決するといいかもしれませんね。


笑顔で「もういい加減にしてよ」


いくら言ってもデートに遅刻する……。


会ってもわがままばかり。


「もういい加減にしてよ」


と言ってはみたものの、大好きな彼女に嫌われたいわけじゃないから、ついやさしく言ってしまう……。


こういう男性が以前いました。


最初は笑顔なんですよね。


だから彼が本当に嫌がっているのか、あまり伝わらないのです。


でもよくよく聞いてみると、結構悩んでいる様子。


彼が笑顔で注意をしてくる段階で改めるようにした方が、「ウザイ女」と本気で思われずに済みそうです。


この段階ではまだ彼との信頼関係を持ち直せるチャンスはあると思うので、彼が嫌がることは極力避けていけたらいいですね。


急に話題を変えられる


急に話題を変えられる


何かを言っている時に「そういえばさ」と話しを変えてくる彼。


「どうして私の話しをきいてくれないの?」……


と思ったあなた。


かなり「ウザイ女度数」があがってきている可能性があるので注意しましょう!


男性は面倒な話しが続くと、最初は何らかの反応をしますが、次のステップに行くと「話しをさりげなく変える」という荒業を使ってくることがあります。


頭のキレる男性なら、最初から「急に話題を変える」作戦でくる場合も。


どちらにせよ、その前に話していた会話をずっと続けたくないという証拠的行動といえます。


どの辺りの会話で彼が違う話しに持って行こうとしたのかを分析してみると良さそう。


その前に話していたことは、深掘りして欲しくない部分なのかもしれませんよ。


聞こえないふり


何かを話しかけても聞こえないフリ。


常に無視をしてくる彼は、論外ですが、ある一定の会話だけスルーする場合は「だからいい加減、気づいてよ!そういう話し、嫌なんだって」というサインかも知れません。


スルーされたシーンを思い浮かべて、対処した方が吉。


「話しを変える」よりも1段階「ウザイ度数」が上がっている状態です。


自分の主張ばかりではなく、相手の言動にも注意を払うように心掛けた方がいいかもしれないですね。


笑顔が感じられない態度


「どうして分かってくれないの」という気持ちが蓄積すると、人は諦めの境地に突入します。


そして諦めが過ぎると「ああ、また言ってる」という思いの方が強くなり、笑顔になれない場合も。


自分といる時に日常的に楽しそうにしていない状況の場合は、かなり前からその火種があった可能性があります。


そういう場合は、腹を割って話し合い、少しだけ会う頻度を減らしてみるのも手。


久しぶりに会った時に、彼が感じていた違和感が払拭されていたら、彼も喜んでくれると思いますよ。


彼だってずっと嫌なことをされたら噴火モードに!


彼はいつもやさしいから、何でも受け止めてくれる!


なんて思ったら大間違い。


彼もあなたと同じ「人間」です。


嫌なものは嫌だし、違和感を抱きながら過ごしていると、ストレスになりがち。


誰だってストレスがあれば、その要因を遠ざけようとしますよね。


そうならないためにも、日常的に彼を観察しておかしいなと思ったら早目に原因を探るようにしておきたいですね。


(なつくま/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ