つい夢中に♡男が溺愛する「ほっとけない女子」の特徴

つい夢中に♡男が溺愛する「ほっとけない女子」の特徴

男性が夢中になっちゃう「ほっとけない女子」。


男性が本能的に持っている「守りたい」欲求を刺激して、熱心なアプローチを受けやすい傾向があります。


今回は、「追われる恋愛がしてみたい」「好きな人に溺愛されたい」という女性に向けて、ほっとけない女子の特徴をご紹介します。


男性のかまいたくなるスイッチを入れて、恋愛上手になりましょう。



目線で気持ちを伝えようとする


男性への「助けてアピール」が強いと、ただの「かまってちゃん」になってしまいます。


ほっとけない女子は、言葉ではなく目線で伝えようとするのが特徴。


困った時や助けて欲しい時にじっと目を見つめるから、男性はつい心を動かされちゃうんです。まるで子犬や子猫が「抱っこして?」と言いたそうにじっと見つめるみたいに……!


目線だけでは伝わらないこともありますが、お願い事をする際は、先にアイコンタクトをしてから「〇〇さん、お願い聞いてもらえませんか?」と切り出してみましょう。


ワンクッションあるだけでも印象は変わります。


一生懸命な頑張り屋さん


前向きに挑戦する姿を見ていると、周囲の男性も応援したくなります。


スポーツ選手やミュージシャンのファンが応援するのと似た心理。夢や目標に向かってひたむきに頑張っている姿は、人の心を射貫いて大きく揺さぶるのです。


人は完璧な人を好きになるわけではありません。頑張っている最中の発展途上の人を見て、思わずついていきたくなります。


男性にモテるほっとけない女子の多くは、一生懸命な頑張り屋さんです。


上手に何でもこなす必要はないので、仕事・趣味・勉強など、目の前の何かを全力で取り組みましょう。


気持ちを言葉にできる


ほっとけない女子は、男性とのコミュニケーションがスムーズ。それは気持ちを言葉にできるから。


「困っている」「辛い」「嬉しい」「ありがとう」など、素直に伝えるから意思疎通がしやすくなります。


また、その場できちんと伝えるため、すれ違いや誤解が生まれにくいメリットも。


他人の気持ちを完全に理解するのは困難です。そして、探り合いの多い相手とはなかなか打ち解けられません。


素直に感情表現することで、男性側のハードルを下げて親しくなるきっかけを作っていけるのです。


他人への敬意が厚い


ほっとけない女子は、他人から助けて貰った時に心から感謝を伝えます。


そもそも一生懸命頑張る動機が「自分の承認欲求のため」ではないのです。ただ、目の前の物事と真摯に向き合っているだけ。


だからこそ、手伝ってくれた相手をリスペクトして、心から感謝を伝える余裕があります。


言い換えれば、ほっとけない女子は「謙虚」です。思考はいつだって「相手への思いやり」が基盤になっています。


助けて心が温かくなった男性はもっと支えたいと感じて、気付いたら「好きかも」と恋心を認識すのです。


ほっとけない女子は内面美人


「ほっとけない女子」は誠実だけど上手に人も頼って、相手の自尊心を持ち上げる女性です。


まずは目の前のことを一生懸命取り組みつつ、周囲とのコミュニケーションも取って積極的に気持ちを伝えましょう。


他人を頼るのが苦手な場合は、「感謝」や「敬意」を意識することで「頼ってもいいのかも」と気軽に考えやすくなりますよ。


日本人は他人を頼るのが苦手といわれていますが、実際に頼られて嫌だと感じる人は少ないみたいです。


上手に人を頼りながら、ほっとけない女性を目指してみては?


(岡あい/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ