『アルテミスと妖精の身代金』森川智之、花江夏樹と親子役「共演できてうれしかった」

『アルテミスと妖精の身代金』森川智之、花江夏樹と親子役「共演できてうれしかった」

 今月14日よりディズニー公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」で独占配信される、ディズニー映画最新作『アルテミスと妖精の身代金』。日本語吹き替え版で、主人公のアルテミス(フェルディア・ショウ)の父親、世界的大泥棒のアルテミス・ファウル シニア(ジョシュ・ギャッド)を演じた森川智之のインタビューが到着した。



【動画】ケネス・ブラナー監督&ジョシュ・ギャッドインタビュー映像



 同映画は、オーエン・コルファーの小説「アルテミス・ファウル」シリーズが原作。伝説的な犯罪一家の血統の12歳の天才少年アルテミスが、父親の誘拐をきっかけに、人間の世界から隠れて地下世界で暮らす妖精たちを相手に、知恵を駆使した戦いを挑むファンタジーアドベンチャー。実写版『シンデレラ』、『マイティ・ソー』のケネス・ブラナーが監督を務める。



――森川さんはディズニー・アニメーション映画『ズートピア』でチョイワルのニック役をされましたが、今回のアルテミス・ファウル シニアは、どのように役を演じることを心がけましたか?



【森川】ズートピアのニックとは全く違ったキャラクターです。父親としての寛大さとは、なにか一味違う秘密のエッセンスを加えてみました。また謎が多い人物ですので、観ている方の興味を持ってもらうための演技を心がけました。



――アルテミス・ファウル シニアと森川さんとの共通点があれば教えて下さい。ちなみに『ズートピア』のニックとは共通点はありましたか?



【森川】シニアもニックも特に共通点はありません。ただ、しいて言うならコレクターですかね。好きになったものを意外に集めるクセがあります。一時期、腕時計にハマって集めていました。



――今回、主人公アルテミスの吹替えを演じた花江夏樹さんとは他作品でも一緒になられていると思いますが、親子役は今までなかったかと…。



【森川】人気者の花江さんと共演できたのはうれしかったです。最近、共演することが多くなりました。ご縁があれば、どんな役柄でも演じてみたいです。



――森川さんが特に注目してほしいお気に入りのシーンを教えて下さい。



【森川】映像の美しさには目を見張るものがあります。マシンや武器など、機械的な仕掛けやギミック的なものもアイデア豊富で、楽しいですね。物語としては父と子の絆や、アルテミスの成長を描くシーンに注目してほしいです。



――本作には、人間、妖精、ドワーフなどさまざまなキャラクターが登場し、特殊な銃やサングラスなどのガジェットも出てきます。好きなキャラクターや好きなガジェットがあれば教えて下さい。



【森川】イタリアの街で大暴れするトロールは怖かったけど、ちょっと楽しかったです。時間停止装置を使って、トロールを回収するシーンは面白かった。こんなちょっとしたシーンでも楽しむところがたくさんあって、観ている人をまったく飽きさせませんね。



――最後に、この作品を楽しみにしているみなさんにメッセージをお願いします。



【森川】皆さんが待ち望んだ、いまだかつてない冒険ダークファンタジーが始まります! 是非ご覧になってください。

カテゴリ