King & Prince永瀬廉、『弱虫ペダル』撮影で芽生えた闘志「負けていられない」

King & Prince永瀬廉、『弱虫ペダル』撮影で芽生えた闘志「負けていられない」

 漫画、アニメ、2.5次元作品などさまざまなジャンルでメディアミックスされ、人気を博してきた『弱虫ペダル』。8月14日には、人気グループ・King & Princeの永瀬廉(21)主演による映画が公開される。伊藤健太郎(23)、橋本環奈(21)ら同世代の俳優たちが名を連ねた撮影で永瀬が感じたこととは――そこからは今をときめくアイドルでありながらも役者として作品と真摯に向き合う姿勢、そして他の俳優たちに「負けていられない」と語る言葉からは、クールな印象とは裏腹に内に秘めた“闘志”が垣間見えた。



【劇中カット】前髪パッツン&メガネで“小野田坂道”にふんした永瀬廉



■永瀬廉版“小野田坂道”の作り方「『原作は意識しなくていい』と言われ…」



 同作は累計2500万部突破の大人気スポーツ青春漫画『弱虫ペダル』を初の実写映画化。2008年に『週刊少年チャンピオン』(秋田書店刊)にて連載開始し、現在までで67巻が既刊。自転車競技に青春をささげる高校生たちの熱き戦いを爽やかに描いている。きっちり眉の上で切られた前髪に丸メガネで内気な主人公・小野田坂道の原作ビジュアルを再現し、これまでのキラキラしたイメージをいい意味で裏切ってみせた。



 「初めて鏡をみたときは『はじめまして』と驚きました。僕が僕ではないみたい、…誰?(笑)という感覚で」と屈託なく笑う。ただ「原作ファンの方がいらっしゃって、その上での実写なので、原作ファンの方の声も大切にしたい。1番わかりやすく近づけるのは外見からだなと思いました。まずは見た目から」とこだわりを語った。



 内面に関しては、アニメや漫画を読みながらそのキャラクター性を噛み砕く一方で「三木監督からは『原作の小野田坂道はあまり意識しなくていい』と言われました。小野田坂道の内気で友だちがいないという設定はもちろん残しつつ、僕が思う坂道を表現してほしいと言われました。なのでアニメやコミックにあまり寄せず、僕の解釈した小野田坂道を演じています」と自分なりの坂道像を作り上げた。



 これまではどちらかといえばそのカッコよさ、二枚目な部分が表に出る役柄を演じることが多かった。しかし坂道は弱虫でオドオドしていながらも仲間のために努力をいとわない芯の強さを併せ持つキャラクターでこれまでのイメージをガラリと覆す。



 「僕自身も不安な部分があります。僕が解釈した小野田坂道が出し切れているのか客観的に見ないとわからないですし。完成作を観たら『もう少しできたかな』と思うこともあるかもしれなので、少し不安があります」と明かしつつ、「スタッフさんには『普段と違いすぎるから逆に観てみたい』と言われて…。『驚かせたい!』という気持ちが強いです」とその言葉からは確かな手応えも感じられた。



■伊藤健太郎とは良き“ライバル”に「誰よりも現場を楽しみました」



 自分のことは“負けず嫌い”だと認める。そして坂道が自転車競技部に入部するきっかけを作る“チーム総北”の仲間・今泉俊輔を演じる伊藤もそれは同じ。互いの練習量を競う場面もあったそうで「裏ではライバルだったのかな。原作ではライバルではなくても、永瀬廉と伊藤健太郎としては裏ではライバルでした」と関係性を明かす。



 “チーム総北”には坂東龍汰(23)、竜星涼(27)、栁俊太郎(29)、菅原健(24)、ジャニーズJr.からHiHi Jetsの井上瑞稀(19)らがキャスティングされている。「同世代の俳優さんとお芝居できるのはとてもうれしかったですし、負けていられないなと思いました。いろいろな方と共演するたびにそういう感情は芽生えます」と同世代の俳優たちにはライバル意識も燃やす。



 その上で、「お芝居の強みはまだ不明確というのが正直なところですが、誰よりも現場を楽し目だ自信があります。そうすることで少しでもいいお芝居になっていくと僕は思うので」と“座長”として現場を満喫することを心がけたという。



 ただ、監督からの指示には「例えば携帯の出し方や、相手と話す時の目線の合わせ方を『坂道だったらもっとこうじゃないか』と言ってくださることが多くて」「撮影が終わって、三木監督とお芝居の話をしていたときに『坂道(永瀬) は言われたらすぐできる』と言われてすごくうれしかったです。褒められた時は『よかった』と思います。ただ、『言われないようにしないとな』と思います」と気を引き締め、持ち前の負けん気の強さをのぞかせた。



■映画撮影も“チーム戦” 山場超え生まれた結束力



 実写映画でも大切にしたのはやはり“自転車”。「レースの熱や疾走感は失わせたくなかったです」と語る永瀬は、昨年12月8日に開幕した舞台『JOHNNY’ IsLAND』や、年末の歌番組出演の合間に、自転車練習をスタート。2回目の練習では40キロ近くを計測し、3回目の練習は山道の全力疾走にも取り組んだ。舞台出演と平行しながら、休演日には河川敷を走ったり、千秋楽からクランクインまでの間にも忙しい合間を縫って自転車に慣れていったという。



 「“自転車”といってもこれまでに乗ってきたものとは、まったく違う乗り物のような感覚でした。乗ること自体は練習で慣れていき、問題はなかったのですが、練習にカメラは用意できないのでスタッフさんも大変そうでした。カメラカーのスピードに合わせたり、逆に坂道がカメラから消えていくシーンもあったりしたのでお互いに感覚をつかみながら進んでいきました」と回顧。「次第に連携がとれてきてそこでも『チーム感が大事だな』と思いました」。



 特に苦労したというのが今泉との1対1での対決シーン。まだロードレーサーを手に入れる前、坂道はママチャリで急斜面を登り切る。「ママチャリはなかなか進まないんです。ロードレーサーの素晴らしさを感じました。ママチャリのシーンの坂の傾斜が一番急だったのですが、プラスママチャリだったので…大変でした。こんなに進まないのかと」と苦笑い。



 また「海岸で隊列を組みながら何キロも走るカットがあったのですが、隊列は間隔を狭めながら走らないといけないのでその時は大変でしたね」としみじみ。「スピードも変えたらダメなんです。一番前の人にスピードを合わせて後ろの人たちの体力をみながら調整していくのも難しかったです。ドローンを操作する人との連携も考えたりしました。でもチーム総北みんなで走っている一体感があって楽しかったです」と幾度も撮影の山場を超えながらスタッフ・キャストとともに結束力が生まれた。



 だからこそ「自転車のシーンはだいぶ手応えがあります。みんな、そのカットでできる自分のすべてを出しきりました。いろいろな角度から撮ったので、疾走感や、熱量が伝わると思います」と自信をみせる。『弱虫ペダル』という作品が自転車競技を魅力的に描いているからこそ、この要素は欠かせなかった。



 また「実写映画だからこその規模はあると思います。レースシーンもそうですし、今回はいろいろな地方、いろいろな景色、いろいろな山道で撮影しているので魅力的なものになっていると思います。そういう壮大なスケール感にも注目してほしいです。」と見どころを挙げた。



 「このような時期を経て、当たり前にできていたことがしづらくなった今、誰かのために頑張ろうという気持ちや、青春の尊さをとても感じられる作品となっているので、それを劇場でぜひ体感してほしいなと思います」と呼び掛けた。心身ともに鍛えながら、仲間とともに全力で作り上げた作品で永瀬が魅せる新境地を見届けてほしい。





映画『弱虫ペダル』

8月14日(金) 公開

■主演:永瀬廉(King & Prince)

■出演:伊藤健太郎、橋本環奈、坂東龍汰、栁俊太郎、菅原健、

   井上瑞稀(HiHi Jets/ジャニーズJr.)・竜星涼 / 皆川猿時

■原作:渡辺航『弱虫ペダル』(秋田書店「週刊少年チャンピオン」連載)

■監督:三木康一郎

■脚本:板谷里乃・三木康一郎

■主題歌:King & Prince「Key of Heart」(Johnnys’ Universe)

■製作:「弱虫ペダル」製作委員会

■配給:松竹株式会社

(C)2020映画「弱虫ペダル」製作委員会 (C)渡辺航(秋田書店)2008
カテゴリ